「自伝、評伝、日記を読もう」といっても、古今東西、さまざまなジャンルの自伝・評伝が出ています。いつもは読まないジャンルのものに、思いがけない発見があるかもしれません。というわけで、いろいろな分野でご活躍のみなさんに、アンケートをお願いしました。答えてくださったのは、つぎの方々です。

池内紀、いしいしんじ、井波律子、岡田暁生、加藤典洋、亀山郁夫、木田元、紀田順一郎、デイヴィッド・グッドマン、黒川創、鴻巣友季子、小沼純一、末木文美士、関川夏央、高山文彦、津野海太郎、鶴ヶ谷真一、鶴見俊輔、中島岳志、沼野充義、野崎歓、蜂飼耳、原武史、日和聡子、藤井省三、堀江敏幸、松山巖、宮澤淳一、宮下志朗、森まゆみ、四方田犬彦、渡辺靖

さて、どんな本があがってきたでしょう。作家、文学者、思想家、政治家、外交官、哲学者、彫刻家、画家、映画人、実業家、音楽家、女優・俳優、科学者、ピアニスト、数学者、詩人、作曲家、職人……とさまざまな人々の自伝・評伝・日記がずらり。読書案内に、ぜひお役立てください。