2007年春号

特集

短篇小説を読もう

丸谷才一ロングインタビュー
この世に雑誌なかりせば。
聞き手・湯川豊

村上春樹氏への15の質問

短篇作家案内

泉鏡花 黒川創

梅崎春生 町田康

ロジェ・グルニエ 山田稔

レイ・ブラッドベリ いしいしんじ

川上弘美インタビュー
言葉の歴史を背負いながら、かつそれを疑うこと。

海外文学アンソロジー

アメリカの短篇 青山南

イギリスの短篇 小野寺健

フランスの短篇 野崎歓

その他の国々の短篇 豊崎由美

アンケート わたしの好きな短篇3作
秋山駿、池澤夏樹、石田千、江國香織、マイケル・エメリック、小川洋子、加藤典洋、岸本佐知子、栗田有起、河野多惠子、鴻巣友季子、杉本秀太郎、関川夏央、坪内祐三、鶴ヶ谷真一、鶴見俊輔、中島義道、蜂飼耳、平出隆、保坂和志、堀江敏幸、松下裕、松山巖、茂木健一郎、山田太一、若島正

対談 橋本治×高橋源一郎
一人にひとつのドラマ。

短篇小説 プリン
堀江敏幸

短篇小説 一生に一度
ジュンパ・ラヒリ

連載

渡りの足跡(4) コースを違える2
梨木香歩

万物流転(20) 石油が維持する秩序
養老孟司

黄金の十五人と謎の島 第七回
「9」の字ルートでニュージーランドに向かう
椎名誠

月日の残像(10) 下町と山の手
山田太一

セロンに惑わず、ヨロンにもかかわらず
日本的世論の系譜学
 第八回
中曽根政治のテンポとリズム――臨教審の世論製造
佐藤卓己

カウンター・アメリカ 最終回
テキサス・ハンツビル
渡辺靖

売春の日本史 最終回
小谷野敦

仏典を読もう 第六回
禅の中の他者と死者――碧巌録
末木文美士

考えない(20) 無神経な人
宮沢章夫

中西悟堂の空 第九回
「日本野鳥の会」会長を辞任
小林照幸

チキュウズィン(0019-0022)
木内達朗

考える短歌(18)
俵万智

イラスト・ルポ
突撃!わたしの晩ごはん

長崎訓子

私の暮らしかた 第六回
ナマケモノを見に行く
大貫妙子

小屋の流儀 第六回
風呂小屋ができるまで
中村好文

季節には味がある 第八回 春 山菜と鯛
料理・西塚茂光 平松洋子

六十歳になったから(20)
ゴールドが欲しい!
山川みどり

みちくさ絵本(8) いす
おーなり由子

娘と私(11) ランドセルが届いた日
さげさかのりこ

考える手(18) 井上克彦の竹籠・竹笊
青竹細工

琵琶湖水系の旅(3) 水辺のスプリング・エフェメラル
今森光彦

花と動物(9) インド
岩合光昭

※今号、「須賀敦子を読む」は休載します。