2008年秋号

特集

堀江敏幸と歩くパリとその周辺

パリを離れた二人の作家 堀江敏幸

狼と虎のいるところ
ジャン=ルー・トラッサール

膝が語ってくれること
ミシェル・トゥルニエ

フランス、家族の肖像 飛幡祐規

心の結びついた大きな一族がわたしにとっての家族。

ヴァカンスこそ本当の人生。時間が自分のものになる。

職人のいる工房と小さな専門店

ルーレットが歌っている 革張り工房 堀江敏幸

塗料専門店 刺繍専門店 穀物店・食材店 飛幡祐規

ピアノ工房

パリの書店めぐり 未開封の言葉を手もとに
堀江敏幸

第7回小林秀雄賞決定発表

記者会見

受賞者インタビュー・多田富雄

選評 受賞作抄録

受賞エッセイ

インタビュー 丸谷才一
物語を読むように歴史を読む 聞き手・湯川豊

連載

新連載
レッドアローとスターハウス 西武と郊外の戦後思想史
第一回 ひばりヶ丘前史
原武史

日本の身体 第四回
【漫画家】井上雄彦
聞き手・内田樹

万物流転(26) 科学と宗教
養老孟司

新連載
みんな誰かの末裔 第一回 俺たち縄文人
高橋秀実

月日の残像(16) 陰の存在
山田太一

渡りの足跡(10) 案内するもの1
梨木香歩

偶有性の自然誌 第四回 偶有性の運動学
茂木健一郎

チキュウズィン(0043-0046)
木内達朗

形態の生命誌 第二回 イノチの小部屋
長沼毅

仏典を読もう 最終回
宗教国家は可能か 日蓮『立正安国論』
末木文美士

考える短歌(23)
俵万智

きれいな風貌 西村伊作伝 第二回 遠くの地震
黒川創

日本のすごい味(2) いちごのショートケーキ
平松洋子

イラスト・ルポ
夏だ、家族だ、鉄道博物館。

長崎訓子

私の暮らしかた 第十二回
空蝉の夏
大貫妙子

みちくさ絵本(14) ねこじゃらし
おーなり由子

娘と私(17) 魔女修業
さげさかのりこ

考える手(24) 穴太衆の石匠
石垣積み

琵琶湖水系の旅(9) 古い浜辺
今森光彦

動物たちの惑星 第五回[アフリカ3]
岩合光昭