2011年秋号

特集

考える料理

川上弘美さんのもてなし料理

「魯山人の美食」を茄子尽くしで試みる 山田和

張競先生の「臨機応変」中華料理

「コート・ドール」斉須政雄シェフ
フランス料理の発想

美味しさの考察

玉村豊男 おいしい豚ヒレ肉の料理法
張競 文人と豆腐料理
小泉武夫 発酵は料理のマジシャンである
福岡伸一 分子生物学的料理のコツ
隈研吾 どんぶり建築論
町田成一 トマトの甘い魔力
山田和 天下の美味、茄子
椎名誠 野外料理の強烈レシピ
坂本素行 糖尿病S氏の食の愉しみ

プロに訊く料理のコツ

捌く 築地「魚河岸三代目 千秋」
煮る 那覇「割烹 潮」
焼く 六本木「レスプリ ミタニ」
炒める 代々木上原「ジーテン」
とんかつ 赤坂「フリッツ」
天ぷら 赤坂「楽亭」
調味料 広尾「分とく山」

アンケート 私の好きな料理の本 ベスト3

青山南/朝吹真理子/池内紀/池澤夏樹/いしいしんじ/入江敦彦/内澤旬子/内田樹/大貫妙子/岡戸絹枝/小川糸/角田光代/川原真由美/岸本佐知子/岸本葉子/栗田有起/最相葉月/島村菜津/白洲信哉/高橋秀実/高山なおみ/長崎訓子/仲村清司/滑川海彦/早川光/原田泰/堀江敏幸/三谷龍二/山川みどり/山本一力/山本貴光/湯川豊/横山貞子/渡辺都

第10回小林秀雄賞決定発表
選評
受賞者インタビュー・高橋秀実
受賞作抄録『ご先祖様はどちら様』

考える秋
高坂正堯教授の書斎 細谷雄一

特別寄稿
エストニア紀行その一 梨木香歩

短期連載
星野道夫 旅の途上で 湯川豊

連載

新連載 東北巡礼(1)
大白羅講大祭 青森県弘前市久渡寺
吉本直子、中野晴生

月日の残像(28) この先の楽しみ
山田太一

續・浄瑠璃を読もう 最終回
『妹背山婦女庭訓』と時代の転回点(下)
橋本治

レッドアローとスターハウス 西武と郊外の戦後思想史(13)
「ひばりが丘」から「滝山」へ(2)
原武史

考える短歌(34)
俵万智

行ったり来たり(7) ぐしゃわ
マイケル・エメリック

花森安治伝(5)
デザインで社会を変える
津野海太郎

文体百般 ことばのスタイルこそ思考のスタイルである(4)
法律――天網恢々疎にして漏らさず
山本貴光

「便利」は人間を不幸にするのですか?(3)
3・11大震災から[その2]
佐倉統

琥珀のアーカイヴ(2)
種子のなかの書物
今福龍太

天下無敵(11)
「反体制」言論人の総力戦体制
佐藤卓己

須賀敦子の方へ(5)
戦時下に描く「未来」
松山巖

親鸞と日本主義(8)
吉川英治の憂国
中島岳志

チキュウズィン(0091-0094)
木内達朗

考えない(37) 手ぶらの人
宮沢章夫

私の暮らしかた(24)
あがたの森で
大貫妙子

新連載 『犬が星見た』をめぐる旅
高山なおみのロシア日記(1)
高山なおみ

京都寺町お茶ごよみ(11) 雁が音
渡辺都

日本のすごい味(14) 江戸前の鮨[後編]
東京・人形町「喜寿司」
平松洋子

娘と私(29) 窓を開く
さげさかのりこ

考える手(36)
石垣島の八重山上布

ニッポンの里山(4)
長崎県東彼杵郡波佐見町
今森光彦