2014年春号

特集

海外児童文学ふたたび

インタビュー

角野栄子
アナザーワールドへのいざない

ボエル・ウェスティン
トーべ・ヤンソン「仕事と愛」をモットーに

シルケ・ハポネン
ムーミン谷の「孤独」と「連帯」

ウルフ・スタルク
児童文学は「内なる子供」との対話

村岡美枝・恵理
村岡花子──少女たちに寄り添い続けた人

エッセイ

村山雄一
二つの円

加藤ジャンプ
児童文学の中の気になる大人たち

評論
テレビアニメが教えてくれた世界の名作
藤津亮太

私を育ててくれた一冊

上橋菜穂子
『運命の騎士』

柴門ふみ
『飛ぶ教室』

富安陽子
『メアリー・ポピンズ』

木原武一
『鏡の国のアリス』

梯久美子
『雪の女王』

河原理子
『長くつ下のピッピ』

山極寿一
『さんご島の三少年』

サンキュータツオ
『モモ』

往復書簡
阿川佐和子×福岡伸一新訳で得た至福の時間

小特集

石井桃子を読む
略年譜・アルバム

インタビュー

松岡享子
東京子ども図書館の40年

谷川俊太郎
子ども、ことば、本

石井桃子のこの一冊

松浦寿輝
『たのしい川べ』

川本三郎
『ノンちゃん雲に乗る』

水村美苗
『幻の朱い実』

新連載
向井万起男のどんな本、こんな本

グラフィック・スペシャル
野町和嘉 地球巡礼2014

考える春
私のツバルと沈まない文学と
伊皿子りり子

しつもん、考える人
港町ヨコハマから“忘却の海”へ旅に出る
森村泰昌

連載

自由をめぐる八つの断章(2)
自由のために闘ったアテナイの人々
猪木武徳

「メディア流言」の時代(2)
関東大震災と「災害デモクラシー」
佐藤卓己

母の母、その彼方に(3)
日本女子大での幸福な日々
四方田犬彦

富士──ある山の伝記(4)
神サマの変貌
池内紀

新地球紀行(5)南極の不思議
大河内直彦

生命の内と外 ホメオスタシスの謎(5)
糖の吸収と消費
永田和宏

アメリカン・レガシー(4)
ウガンダ――越境するキリスト教保守主義
渡辺靖

チキュウズィン(0131-0134)
木内達朗

考えない(47) スポーツは名前だ
宮沢章夫

行ったり来たり(17)
生まれたて
マイケル・エメリック

『犬が星見た』をめぐる旅
高山なおみのロシア日記(11)
ウズベキスタン編
高山なおみ

娘と私(39) 新しいこと始めました
さげさかのりこ

日本のすごい味(24) 熊鍋
滋賀県大津市
「比良山荘」
平松洋子

日本の色と言葉(3)
襲色目
志村洋子

京都寺町お茶ごよみ(最終回) 寺町通二条上ル
渡辺都

考える手(46)
石川県金沢市 今井金箔
金箔

ニッポンの里山(14)
青森県弘前市
今森光彦

動物たちの惑星(27)[タンザニア2]
岩合光昭

※今号、内澤旬子ニッポンの馬」は休載いたします。