春号からの糸井重里さんの新連載「いまさらだけど、マンガっていいなぁ。」は、「ほぼ日刊イトイ新聞」の「今日のダーリン」が誕生のきっかけでした。いまのマンガ文化を絶賛する糸井さんの熱い文章に、小誌編集長が「マンガってそんなすごいことになってるのか!」と仰天し、ぜひもっと詳しく教えていただきたいと、連載のお願いに馳せ参じた次第。

 それを受けての糸井さんの戸惑いについては、「ほぼ日」の「糸井重里はなぜ雑誌『考える人』に連載を持ったのか?」という記事で、2回にわたり、ご本人がインタビューに答えられています。
https://www.1101.com/kangaeruhito/2016-04-11.html
https://www.1101.com/kangaeruhito/2016-04-12.html

 編集長とやりとりするうち、渋る糸井さんから「やれるかどうかわからないけど1回めをやってみましょうか」という言葉がポロリと出て、まんまと(?)連載開始となったわけです。

撮影・菅野健児

 かくして糸井さんのネットの文章から始まったこの連載、第1回でご紹介いただくのも、ネットで発表されたマンガたちです。ともかく女の子が好きというショーモナイものから、自分とちょっと変わった友人との小学校以来の話、登場人物がなぜか皆タヌキという愛娘物語、2匹の飼い猫についてのエッセイマンガまで、まさに百花繚乱!(ご参考までに、4人のマンガ家さんたちの個人サイトやツイッターのアドレスを下に記します)

 糸井さんは「ほぼ日」のインタビューで、「ほんとうは、もっとあっちこっち、誤爆しながら前に進みたいのです」と、おっしゃっています。夏号の2回目は、はたしてどこへ連れていってもらえるのか、お楽しみに。

●小山健さん(@koyapu)
http://koyamaken.com/

山本さほさん(@sahoobb)

とよ田みのるさん(@poo1007)
http://members2.jcom.home.ne.jp/poo--x/

simicoさん(@nyanyavo)