2016年夏号

特集

谷川俊太郎

グラビア
北軽井沢の、ひとり暮らし。   


一人称
歩いているだけ

ロングインタビュー
洗いざらしのTシャツみたいに
 聞き手:尾崎真理子

対談
谷川俊太郎×望月通陽
魂だけです、さまよっているのは。 
 

小特集
漱石を読もう!

対談
町田康×都甲幸治
 『吾輩は猫である』を読む

アンケート
私の漱石ベスト3

特別企画

対談
山本貴光×吉川浩満
生き延びるための人文2
人文の「理想」と「現実」

橋本麻里 想像力をかき立てる和菓子

対談
小川洋子×山極寿一 屋久島の森の中で

新連載

地球の音(1)
苔にあこがれる
細野晴臣

森の残響を聴く(1)
伐り残された森
養老孟司

村井さんちの生活(1)
翻訳家という職業
村井理子

【第4回】
河合隼雄物語賞・学芸賞決定発表

選評・受賞のことば
いしいしんじ
武井弘一

考える夏
明日への武器
北村浩子

連載
graphic special

圏外写真家(2)
西本喜美子
都築響一

光の意志(2)
岩の力
田原桂一

連載
high thinking

いまヒマラヤに登ること(6)
カトマンズ、そしてエベレスト街道へ
石川直樹

だから私は木を植える(3)
HYOGO 心の風景
安藤忠雄

岡倉天心 日本近代絵画を創った描かぬ巨匠(7)
修復という創造
若松英輔

いまさらだけど、マンガっていいなぁ。(2)
うまいとかへたとかって、なんだろう?
糸井重里

科学する心(5)
原子力、あるいは事象の一回性
池澤夏樹

小林秀雄の時(2)
「蛍」の行方
杉本圭司

向井万起男のどんな本、こんな本(10)
向井万起男

「文明」との遭遇(5)
商業は悪か
苅部直

行ったり来たり(26)
長男・次男
マイケル・エメリック

牛でいきましょう(5)
屋根の上の老人
宮沢章夫

連載
plain living

暮らしのサウンドスケイプ(8)
音の忍(しのび)
三宮麻由子

日本のすごい味(最終回)わさび
静岡県下田市「まるとうわさび」
平松洋子

空の虫かご(4)
ダイアローグ
是枝裕和

ここがぼくらのホームタウン(2)
静岡県賀茂郡南伊豆町
近藤雄生

編集部の手帖

○「しつもん、考える人」は今号休載いたします。

―「波」から―
谷川さんの「語り」の魅力

多彩な新連載がスタート