風の強い日だった。夜明けの海が赤く染まる。(岩手県陸前高田)


 私は武器を持っていた。
 ハサミのような形、小型で一見非力に見えるが、実はとてつもなく強力な武器なのだという。目の前の2人の男性たちが突然、この武器をどちらが手にするかで争い始めた。
 最初は口論、つかみ合い、殴り合い。あっという間に殺し合ってしまいそうな暴力へとエスカレートしていく。

 私は何とか止めようと、「やめなさい!」と叫んでみたり、ガムテープで2人をぐるぐると巻いてみたりする。けれども上手くいかない。上手くいかない度に、気づけばまた振り出しにもどり、2人は争いを始める。

 試行錯誤した挙句。ああ、そうか、と思い立った。これ自体をなくしてしまえばいい。私はその武器を、ありったけの力を込めて、海の底へと投げ入れた。

 と、いうところで夢から覚めた。ある日曜日の記憶を引きずった、月曜日の朝。皆さんがこの夢の主人公なら、どんな選択をしたでしょう。

穏やかな海。溶け合い、空と海の境界が曖昧に見える。(岩手県陸前高田)