『考える人』本誌で「光の意志」を連載中の田原桂一さんの展覧会が、京都市で開かれます。

田原桂一「窓」 1997年 何必館・京都現代美術館


会場は何必館(かひつかん)・京都現代美術館、会期は11月4日(金)から12月25日(日)までです。

1951年、京都に生まれた田原さんは、1971年に渡仏、77年に「窓」シリーズでアルル国際写真フェスティバル新人大賞を受賞し、以後、世界的写真家として活躍をつづけています。

今展はそんな田原さんの、故郷・京都での20年ぶりの回顧展となります。

展示されるのは、「都市」「窓」「エクラ」「ヌード」「トルソー」の5つのシリーズを中心にした約60点。

伝統的技法プラチナプリントで焼き付けた作品に加え、石やガラス、布といったオブジェに印画する大胆な試みも。

田原桂一「ルーヴルの犬」1994年 ガラスに印画した作品の何必館での展示風景(実際の展示とは異なる場合があります)。

イメージとモノが織りなすオーラを、ぜひ会場でご体験ください。

◆田原桂一サイン会

11月5日(土)、11月20日(日)、12月3日(土)、12月24日(土) いずれも14 時より

何必館・京都現代美術館
〒605-0073  京都市東山区祇園町北側271
TEL 075-525-1311  FAX 075-525-0611
開館時間/10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日/月曜日

詳しくはこちらをどうぞ。

田原桂一 ©T. MINAMOTO