「白羽の矢が立つ」という慣用句があります。私の携わる『三省堂国語辞典』(三国)第7版を引くと、「多くの中から特にえらび出される」という説明の後に、気になることが書いてあります。いわく、〔本来は、犠牲となる者にいう〕。
 あまりよくない説明です。これでは、「光栄な役目に選ばれる場合には使えない」という誤ったメッセージを与えかねません。実際には、「チームリーダーとして山田くんに白羽の矢が立った」のように、名誉ある場合にも、ごく普通に使います。ことに報道記事などではそうです。辞書の説明としては、もう少し配慮が必要でした。
 テレビ局の人に聞いた話ですが、さる大御所のタレントは、「昔は犠牲になることに言ったのだから、『白羽の矢が立つ』をいいことに使うのは誤用だ」と言い切ったそうです。さすがに「誤用」とまで書いてある辞書はないのですが、『三国』を含む辞書の記述が誤解を招いたとすれば残念です。
 白羽の矢が立つのは、悪い場合もあれば、いい場合もあります。
 泉鏡花の大正時代の戯曲「夜叉ヶやしゃが池」(1913年)では、雨乞いの時のいけにえに選ばれた女に対して、神官が〈きさまに白羽の矢が立ったで、否応いやおうはないわ〉と言う場面があります。これは不幸な場合です。
 一方で、同じ大正時代の雑誌には、〈蔵相〔=大蔵大臣〕の適材を求むる場合、誰に白羽の矢が立つか〉(『太陽』25年7月号)と、いいことにも使っています。
 この慣用句は、各地の伝説などに由来を求めることができます。たとえば、静岡県には「しっぺい太郎」という伝承があります。
 ある村の話。神様へのいけにえとして、そこでは毎年、娘を一人ずつ差し出していました。犠牲となる娘の家の屋根には、どこからともなく、白い羽のついた矢が飛んできて刺さりました。
 ところが、知恵者がいて、ある年、娘の代わりに「しっぺい太郎」という屈強な犬を人身御供ひとみごくうの箱に入れて供えました。実は、神様の正体は大きな猿だったのです。しっぺい太郎は、その猿を食い殺してしまい、村は平和になりました。
 ――と、こんな話です。ただし、類話を見てみると、「白羽の矢」の場面がないものもあります。別の話では、犠牲になる子をくじで選んだりしています。
 これらの伝説の原型になる話は、平安時代の「今昔物語集」にまで遡ります。どんな話か、ざっと読んでみましょう。
 物語は、美作みまさか国(今の岡山県)に猿の姿の神、蛇の姿の神が鎮座していた、というところから始まります。人々は、毎年の祭りの時、この神に未婚の娘をいけにえとして捧げることになっていました。
 ある年のこと、またひとりの娘が犠牲に選ばれます。ちなみに、ここでは白羽の矢はべつに登場しません。もし不思議な矢が飛んでくれば、「今昔物語集」の編者が無視するはずはありませんから、矢は立たなかったのでしょう。
 さて、選ばれた娘と両親は、祭りの日まで泣いてばかりいました。そんな時、東国から犬を連れた狩人がやってきます。彼は娘を愛し、結婚します。
 祭りの当日、狩人は娘の代わりに長櫃ながびつに隠れ、様子をうかがいます。長櫃の外には、ボス猿が群れを引き連れて騒いでいるのが見えました。このボスに神が憑依ひょういしているらしいのです。狩人は、自分の飼う2匹の犬をけしかけて、猿どもを食い殺させたり、追っ払ったりしました。その後、狩人は娘と長く幸せに暮らしました。
 ――「しっぺい太郎」の話とそっくりですが、白羽の矢が出てこないところが違います。大元の話では、矢は必須の要素ではなかったと考えられます。
 そうはいっても、白羽の矢が出てくる話が現にあるのは確かです。その矢はやはり、犠牲者を指し示す「不幸の印」というべきではないでしょうか。
 それが、そうでもないんですね。白羽の矢が登場する話として、私が見た中でいちばん古いのは、18世紀の浮世草子「鬼一法眼きいちほうげん虎の巻」という作品です。
 播磨はりま国(今の兵庫県)の室津にある遊廓ゆうかくが、あるとき、神社のような雰囲気に変わっていました。遊女屋の亭主も神官の格好をするなど、異様な光景です。
 これには事情がありました。ある遊女屋に抱えられた「千弥せんや」という禿かむろ(遊女の世話をする少女)が客に気に入られ、水揚げされる(初めて床に入る)ことになった。ところが、その遊女屋の家の棟に、ある日、白羽の矢が立ったというのです。
 その土地の代官の解釈はこうでした。「これは神の思し召しである。伊勢神宮では、まだ初潮を迎えない少女が『おはら』としてお仕えしている。このおはら子は、神の御心を示す白羽の矢が立った家から選ばれることになっている。つまり、千弥は遊里を離れ、これからは伊勢神宮にお仕えしなければならない」。
 実は、これは千弥を母のもとに取り返そうとする、主人公たちの計略でした。千弥は、精進潔斎の旅に出たところで、まんまと主人公に保護されます。
 この話で分かるとおり、「白羽の矢が立つ」ということは、当時の人は――少なくともこの作者・江島其磧きせきは、神にお仕えする役に選ばれることだと考えていました。これは名誉なことであり、不幸ではありません。
 白羽の矢が立つことが、いけにえに選ばれることだったという伝説は確かにありました。でも、古い話を見ると、必ずしもそんな話ばかりではない、ということです。現代の私たちは、いい意味に使っても差し支えありません。