私が「イマイチ」ということばに初めて接したのは、小学校高学年か中学生の頃、つまり1970年代の終わりから80年代の初めで、場所は近所の歯科医院の待合室でした。備えつけの雑誌にテレビ番組の紹介記事が出ていました。
「最近人気がイマイチのレツゴー三匹」
 レツゴー三匹は往年の漫才トリオです。このトリオにも人気がイマイチの時期があったのでしょう。この文章を読んで、「いまひとつ」を「イマイチ」と言っているらしいことは分かりましたが、業界用語なのか何なのか、よく分かりませんでした。
 「イマイチ」は、1970年代の終わりから使われていたのは間違いないようです。『日本俗語大辞典』には、『週刊朝日』1979年5月18日号から「イマイチ」についての解説が引用されています。私が歯科医院で「レツゴー三匹」の記事を見たのもほぼ同時期であり、つじつまが合います。強調形として「イマ三」「イマ四」「イマ八」「イマ十」「イマ百」などもあったそうですが、これらは淘汰(とうた)されました。
 発生してしばらくの間は、「イマイチ」は「いまひとつ」の俗語、若者語という意識で使われていました。やがて、「いまひとつ」よりも普通に使われるようになり、俗語という意識も薄れてきました。
 私が大学で教え始めたのは1990年代の終わりからですが、すでにその頃、学生のレポートに「イマイチ」が使われていました。わざとなのか、それとも俗語という意識なく使っているのかと、いぶかしく思ったものでした。
 今では、学生が文章中で「イマイチ」を使うのはごく普通のことで、いちいち驚かなくなりました。たとえば、こんな具合です。
〈前後の文といまいち()み合わなくなってしまい、誤解に気が付きました〉
〈この説明でもいまいちピンと来ないが、要は寒い場所に用いられる表現のようだ〉
 丁寧な指導者であれば、ここで学生に注意を喚起します。日本文学者の石原千秋さんは、文章指導で次のように説明するそうです。
〈レポートは書き言葉で書くこと。たとえば、「いまいち」ではなく「いまひとつ」であり、「やっぱ」ではなく「やはり」であり、〔下略〕〉(『学生と読む『三四郎』』)
 「イマイチ」の元は「いまひとつ」なので、「いまひとつ」のほうがきちんとした書きことばという感じを与えるのは当然です。
 ところが、調べてみると、実は「いまひとつ」も戦後の例しか見つからないんですね。手元の資料の範囲では、言語学者の阪倉篤義が使ったのが古い例です。
〈〔初期のひらがなが記されている資料について〕これらはいずれも模写ないしは単なる伝えにすぎないものであって、〔初期のひらがなかどうか〕いまひとつ明確な徴証を欠くものであった〉(『言語生活』1955年7月号)
 小説の例としては、柴田(しょう)「贈る言葉」(1966年)があります。
〈ぼくは、君の言うことが判るような気もし、また、今一つ、判らない気もした。が、ぼくは何も言わず、黙っていた〉
 当初「いまひとつ」は、このように「いまひとつ……ない」など否定の形で使うものでした。それが、言語学者の稲垣吉彦によると、関西から「ウーン、もうひとつやな」など、「いまひとつ」「もうひとつ」だけで独立して使う形が広まったということです(「話しことばと日本人」=金田一春彦他『変わる日本語』所収)。
 かりに「いまひとつ」が1950年代ぐらいに広まったとして、「イマイチ」はその30年後ぐらいに広まったわけですから、2つの語の新旧の差はさして大きくありません。「いまひとつ」だけがよくて「イマイチ」はだめ、とは言えないわけです。「イマイチ」が「いまひとつ」と同様に普通の書きことばになるのも、時間の問題でしょう。
 ただ、昔を舞台にしたドラマで使われると、時代考証的には気になります。
 NHKの朝ドラ「あさが来た」での一場面。明治の世になり、父と弟が断髪にします。主人公・あさは父を見て〈ようお似合いだすなあ〉と褒め、弟を見て〈久太郎のほうは、イマイチやけど〉とけなします(2015年11月21日放送)。
 ドラマのせりふは、舞台となった時代のことばそのままである必要はありません。でも、明治時代に「イマイチ」が出てくると、新語だという意識を持つ視聴者(私とか)に違和感を与えるのは確かです。
 では、何と言い換えればいいか。これが難しいんですね。「いまひとつ」が戦後の例しか見つからないことは、すでに述べました。明治時代の人が「いまひとつや」と言うのも、「イマイチや」と同じくおかしいわけです。
 二葉亭四迷「平凡」(1907年)には、主人公の書いた小説を、友人が〈()い処もあるが、もう一息だと言う様なことをいう〉と記した部分があります。「もう一息」ならOKかもしれませんが、「もうちょっと努力すべきだ」という意味も感じられて、「ヘアスタイルのセンスがイマイチ」のような場合にはやや違和感があります。
 正岡子規の「歌よみに与ふる書」(1898年)には、短歌の添削例を批評して〈これも結末に今一歩と思ふ所なきにもあらず候〉とあります。添削の結果がイマイチよくない、ということです。この「いま一歩」ならば、音も「イマイチ」に近く、「髪型はいま一歩」と言っても悪くないように思われます。
 ここまで苦労して言い換えるのは、いささかマニアックかもしれません。もうそろそろ、時代ドラマも「イマイチ」でいいじゃないか、と言われそうです。