音楽とは不思議なもので時に人の人生を変えてしまうものである。

 まさに僕もその一人であり、小学生の頃に父が好きで聴いていたレコードがこのエリック・クラプトンというギタリストだった。
 初めて”いとしのレイラ”を聴いた時の衝撃は凄まじかった。ギターという存在をよくわかっていない年頃でも"とにかくこのフレーズかっこいい!”と思ったのを覚えている。
 そんなギタリストを教えてくれた父とこの”ギターヒーロー"がいたからこそ、僕も同じギタリストとして信念を持って活動している。

 彼のような偉大なミュージシャンもステージで華やかなアーティストも様々なバックボーンを持っていて、順風満帆な人もいれば、波乱万丈な人生の中で音楽活動をしている人もいる。
 エリック・クラプトンは後者にあたるだろう。数々の名曲を出してきた彼の過去には、親友の妻に恋をし結婚後早くに離婚。また薬やアルコール依存症にもなり、そして息子を幼くして亡くす。と、本当に驚く程に数々の困難があり、その度音楽に助けられながら復活していく。だからこそ、そのとてつもないパワーを音楽に込め、それを世に出し人々を感動させたのだろう。

 自分はバンド解散が決まった時にこの本を読んで、"生きていく中で様々な壁にぶつかり、とても辛い出来事にも直面する。でも決して諦めてはいけない。仮に負けたっていい。その次勝てばいい。その悲しい気持ちや悔しい気持ちを大きなパワーに変えて次に進めばいい。"そう思わせてくれたのも彼であり、この一冊である。
 そして彼に心から憧れた偉大な音楽人もこれから出てくるだろうし、自分もそうなりたい。

 今はCDが売れない。音楽業界は厳しい。なんてよく耳にするし僕も実際にそう思う。でもだからと言って音楽がなくなることは絶対にない。なぜなら"本物の音楽"は人を助け、励まし、共感させ、感動し、奮い立たせる。

 時代が変わっても音楽にはそうであって欲しいし、そう心から信じている。

 

エリック・クラプトン自伝
エリック クラプトン/著
2008/04/01発売

 


 

Profile

 

RENO
2011年ロックバンドViViDのギタリストとしてデビュー。2012年に日本武道館公演を成功させるが、2015年バンド解散。バンド解散後はソロギタリストとして活動。「GUITAR LIFE」というテーマを掲げギターインストのCDリリース、ライブ活動を活発的に行っている。RENOのギターインストライブは聴けて、踊れて、拳を上げるギターインストの概念を覆すような独自の新しいギターインストの形を生み出している。

RENO Official Site>>
RENO  Twitter>>

Live Schedule

Edge of Strings Ⅲ

【日程】2018年2月4日(日) 開場 16:30 開演17:00

【会場】下北沢GARDEN

【出演】
K-A-Z with BPM13GROOVE/D_Drive/RENO/MEGA HIGH BALL

RENO BAND
RENO(Gt)
RYOGA(Gt)
大桃俊樹(Bass)
RYOTA(Dr)

【チケット】前売 ¥4,000 (税込・D別) 当日券¥4,500 (税込・D別)

一般発売:2017年12月24日 13:00〜
イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002247417P0050001P006001P0030001

 

JOURNEY

RENO

2016.7.20 RELEASE

【初回限定盤(DVD付) 】

CD:01.JOURNEY 02.OCEAN
DVD:01.JOURNEY (MUSIC VIDEO) 02. MAKING OF JOURNEY MV

詳細はこちら>>

【通常盤 】
CD:01.JOURNEY 02.OCEAN 03.Minority

詳細はこちら>>

RENO TOUR 2017 GUITAR LIFE〜awake〜