(前回の記事へ)

五木 戦時教学という問題はあるとして、もっと言えば、親鸞の他力思想自体にそういう要素がある、とは考えられませんか?

中島 そこなんです。親鸞の思想と日本の国体論とが結びつきやすい構造上の問題がある。それが重要な論拠になりますし、それについてずっと考えてきました。私なりにごく大まかな言い方をすれば、日本の国体論というのは、そもそも法然や親鸞の思想の土台の上に成り立っているのではないか、と思うんです。

五木 国体論のほうが親鸞思想よりも後に来ると。どういうことですか。

中島 国体論のルーツというのは基本的に、水戸学と国学の両者に求められます。水戸学は、天皇を敬いながらもやはり幕藩体制を守るための儒教的な考え方ですから、江戸幕府そのものを倒すというところまではいきません。
 そこで幕末期、国体論の中核を担ったのは国学のほうでした。しかし国学は、天皇以外は武士階級をふくめたあらゆる人間の平等、いわば一君万民の思想につながります。維新の精神、あるいは維新のときの国体論を見ていくと、やはり国学が大きく反映されています。
 その国学を体系化した本居宣長は、非常に熱心な浄土宗門徒の家の出でした。若い頃に法名をもらい、法然や親鸞には生涯を通して敬意を持ち続けている。そして国学の思想の構造は、ある種、非常に他力論的なもので成り立っているんです。

五木 なるほど。言われてみればそうかもしれません。

中島 宣長は表面上は仏教を否定していますし、国学の考え方は日本に漢意からごころ、つまり外来思想が流入する前の形に戻し、大和心をとり戻そうということで、いわば二分法です。この二分法では、漢意というのは賢しらなはからいであり、大和心はすべてを神の御所為におまかせする精神のことをいいます。この思想構図はきわめて浄土門的で、そのまま自力と他力に置き換えることもできますね。

五木 自力と他力は、まさしく法然と親鸞の思想の一番肝心なところですね。

中島 漢意、中国の発想は自分で何かをする、その作為によって世界を作っていこうとします。一方の大和心は、人間のもとには計らいは存在せず、すべての計らいは超越的な神のもとにあるとします。では、そういう神との交信はどうやってなされるかというと、和歌だという。この構造上の形式をスライドすると、阿弥陀仏と念仏になります。
 ですから、日本の国体論はもともと法然や親鸞の思想を土台としていて、親鸞を追い求めてきた人たちの他力思想には、国体論と結びつきやすい構造上の問題がある。だから暁烏は「弥陀の本願」を「天皇の大御心」と簡単に読み替え、天皇への随順をうながしたのではないかと思うんです。

五木 金子大栄は、浄土真宗は選択的な一神教であるということを言ってますね。これは、他の神仏をいっさい認めないわけではないが、自分は阿弥陀如来という一仏を選択して絶対的に帰依するんだ、ということです。
 そして南無阿弥陀仏という念仏には、無限、絶対、という観念があって、これは天壌無窮とか、あるいは今言われた一君万民という考え方につながる気がします。

中島 一君万民という国体論は、どこか魔法のようなものに映っていたんだと思います。国民はすべて天皇の赤子ということになると、そこで世の中にある様々な差別も取り払われて、みな一般化、平等化される側面もありますから。

五木 仏法の前では誰もが平等、というのはそもそも仏教の大原則です。あの蓮如も、法話の座では、武士も農民も地主も、身分など関係ないからどんどんしゃべれ、自分の意見を言え、しゃべらぬ者はおそろしい、とまで言っていますから。

(次の回へ進む)

親鸞と日本主義
中島岳志/著
2017/08/25発売