古くから日本人に親しまれてきた「納豆」。ネバネバと糸を引き、独特のあのニオイを発する発酵食品は、好みは分かれこそすれ、日本独自の食べ物だというのが“ニッポン人の常識”です。ところが、そこに異を唱えたのがノンフィクション作家の高野秀行さん。

「ミャンマーにも納豆はある!」

 驚くなかれ、ミャンマーのみならず、中国、タイ、ブータン、ネパールあたりでも納豆は昔から日常的によく食べられているのだそうです。
 幾度となくミャンマーを訪れ、現地の納豆を食べていたにもかかわらず、形状や味、においの記憶すらあやふやだったという高野さん。ある日、日本に暮らすシャン人(ミャンマーの少数民族)の友人に「日本の納豆はどうですか?」と聞いてみたところ、「おいしいけど、日本の納豆は味が一つしかないからね」という予想外の返答が。続けて「シャン人は豆でも食べるし、乾燥させて炙っても食べる。唐辛子味もあれば、ニンニクや生姜の味もある。いろんな味や食べ方があるんですよ」と諭されてしまいます。
 そこから、ミャンマーの納豆を知りたいという強烈な欲求にかられ、〈アジア納豆の巨大迷宮〉にはまりこむはめになったのです。

 連載第1回はタイ北部のチェンマイからスタート。旅のおともは奥さまと愛犬マド。このマドも実は大の納豆好きで、その出生にも納豆と切っても切れない縁があるのです。その詳細は連載で。
 タイ北部では、シャン人の影響で納豆を食べることがあるそうですが、その納豆というのが、丸くて平べったくパリパリに乾いたもの。まさにせんべいのような形状なのです。第1回では、その“せんべい納豆”を作っているお宅を訪問し(そこでも納豆が結ぶ奇縁に遭遇!)、納豆づくりを綿密に取材。初回から、納豆文化の奥深さを堪能できる内容となっています。
 取材はいまも同時並行で行われており、高野さんいわく「納豆を調べれば調べるほど、その深遠な謎にハマってしまう」とのこと。行く先々でハプニングを呼ぶ高野ワールドは本連載でも健在。目の離せない連載になること、間違いなしです!