Webでも考える人メールマガジン
最新の話題
Webでも考える人 ランキング
入院生活を終えて取り戻した日常は、こんなにも輝きに満ちたものだった! 「自分を取り戻した」ことの安心感と幸福感を綴った感動的なエッセイが今週のアクセス首位でした。
『はじめての沖縄』刊行記念イベント、『マンゴーと手榴弾』原稿完成、誕生日、ライブ出演、飲酒、新潮社への抗議。新しい小説の執筆も再開されたという岸さんの、怒濤の8月の記録。
イランを追われ、イラクでクルド系政党の拠点となっている場所。ここで爆撃を受けた人々から、世界はどんなふうに見えるのか? そして安田さんが「新潮45」に思うこと。
編集長 今週のメルマガ
 
日常に潜む非日常を探す「スペクタクルさんぽ」を提唱し、東京から日帰りで行ける地底湖や素掘りトンネル、ジェットコースターのようなモノレールなどをめぐったエッセイ『東京近郊スペクタクルさんぽ』を当サイトで連載し、単行本として刊行した、旅エッセイストの宮田珠己さん。

都内の谷地形に着目してフィールドワークを続け、「タモリ倶楽部」などに出演されている「東京スリバチ学会」の皆川典久さん。

そして、東京の離島を1ヶ月渡り歩いたり、秘宝館バスツアーを企画してみたり、と数々の秘境・珍スポットを訪れてきた、人気サイト「東京別視点ガイド」の運営者・松澤茂信さん。

この散歩の達人3名が神楽坂ラカグでおこなったトークイベント「フツーの路地歩きはもう飽きた! 2018年おさんぽ進化論」を掲載しました。東京にいながらにして出来る、あるいは東京にいるからこそ出来る“さんぽ”の魅力や可能性を語り尽くす、気軽に読めて役に立つ鼎談です。

このあと、いつもであれば、私の日記を掲載しているのですが、今週は控えたいと思います。「新潮45」の件で弊社に突き付けられた問いを真摯に受け止め、信頼回復につとめ、今こそ、plain living & high thinking(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)の理念に立ち返り、「Webでも考える人」をより良いウェブマガジンにしていきます。
 
Webでも考える人 おすすめの話題
PRIDEは毎年6月末から7月頭にかけて、いずれかの週末に行われる同性愛者(LGBT)のパレード。ゲイやレズビアンたちと一緒に大勢の……
古川さんとの出会いですが、一度、アジアン・カンフー・ジェネレーションのライブの楽屋でお会いしたことがありましたね。……
前回まで、分割不可能な「個」というものがどのように混ざり合うのかということを、ベイトソン父娘のメタローグから水谷信子の「共話」の概念を切り口にして、……