┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 都心のパワースポット
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 年末年始の書店の店頭売上は、いつになく好調だったようです。業界紙によると、大手販売会社トーハンの調査では、12月29日から1月3日までの年末年始の売上が前年同期比6.1%増、日販も同期間で5.0%増で、大手書店などでも前年比プラスの声が多いということです。一昨年、昨年と前年同期比マイナスが続いていたことからすれば、嬉しいニュースには違いありません。新年早々から営業する書店が増えてきた影響もあるのでしょうが、お客さんの側にも少し意識の変化が現れているような気がします。比較的ゆったりできるお正月だからこそ、気になる本をまとめ買いして、少しでも読んでおきたいという人が増えているのではないでしょうか。年末に各誌紙が特集した昨年一年間のおススメ本のアンケートやランキングなどから目星をつけて、この時期に集中的に本を読む、という友人がいます。ビジネス雑誌の『週刊東洋経済』が1月17日発売号で「頼れる! 読書術」をいきなり特集しているのも、そうした空気を察知してのことかと思われます。

 さて、「考える人」のいまの特集「紀行文学を読もう」に合わせて、都内2ヵ所の書店でブック・フェアの展開が始まりました。神宮前にある青山ブックセンター本店と、駿河台下にある三省堂書店神保町本店です。先週末、さっそく様子を眺めに行ってきました

 まずは青山ブックセンター本店です。赤坂の豊川稲荷に新年のお参りをして、その足で向かいました。ゆったりとした店内を眺めわたし、見当をつけて進んでいくと、大きく展開されていました。12月初めから熱心に取り組んでくださった担当者は寺島さやかさん。「いままでの『旅本』特集とは一味違うラインナップなので、紀行文学の歴史を俯瞰できるようなエキサイティングな棚をめざしました」。2月中旬までの予定だそうで、これからPOPを付けたり、さらに棚を“進化”させたいと意欲的です。近くには大竹昭子さんのコーナーもあって、こちらも寺島さんが手がけたとのこと。「自分で言うのもナンですが、良いコーナーになっていると思います」。

 三省堂書店のフェアでは、わが編集部もPOP作成などでささやかながらお手伝いをしました。「考える人」誌上で取り上げた本に加えて、編集部の面々が独自に推薦図書を挙げ、それに200字のコメントを添えました。どういう本の名前が挙がったか、といえば、それ自体がこのジャンルの裾野の広さを物語っています。

・西江雅之『花のある遠景―東アフリカにて』増補新版(青土社)・杉浦日向子『江戸アルキ帖』(新潮文庫)・門田修『海が見えるアジア』(めこん)・国分拓『ヤノマミ』(日本放送出版協会)・西原理恵子他『どこへ行っても三歩で忘れる 鳥頭紀行 くりくり編』(角川文庫)・井上章一『ハゲとビキニとサンバの国―ブラジル邪推紀行―』(新潮新書)・星野道夫『イニュニック[生命]―アラスカの原野を旅する―』(新潮文庫)・レドモンド・オハンロン『コンゴ・ジャーニー』(新潮社) ・都築響一『珍世界紀行 ヨーロッパ編』(ちくま文庫) 

 また、この企画に“友情参加”してくれた「旅」の和久田編集長が村上春樹
『遠い太鼓』(講談社文庫)を、営業部の担当者が塩野七生『イタリアからの手
紙』(新潮文庫)をイチオシに挙げてくれました。ちなみに私は次の2冊を推し
ました。

「考える人」編集長 河野通和(こうのみちかず)
────────────────────────────────────
定期購読(1年間5,600円、3年間15,000円 税込み・送料小社負担)
バックナンバーのご注文
http://www.shinchosha.co.jp/kangaeruhito/backnumber.html
お問い合わせは下記まで。
新潮社「読者係」直通電話 03-3266-5111(平日10:00~17:00)
------------------------------------------------------------------------
Copyright(c), 2011 新潮社 無断転載を禁じます。
発行 新潮社
〒162-8711 東京都新宿区矢来町71
新潮社ホームページURL● http://www.shinchosha.co.jp/