【考える本棚】
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 和田芳恵『筑摩書房の三十年 1940―1970』(筑摩書房)
 永江朗『筑摩書房 それからの四十年 1970-2010』(筑摩書房)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

70歳の履歴書------------------------------------------------------------------------

 1940年に創業された筑摩書房は、昨年6月18日で70周年を迎えました。先月半ばにそのお祝いの会が開かれ、その際の引き出物としてこの2冊が配られました。それが今月半ばに筑摩選書として発売され、一般読者も読むことができるようになりました。社史がリレー形式で書き継がれるというのは珍しくありませんが(新潮社もそうです)、筑摩書房の場合は、1978年に会社更生法の適用申請をして倒産する、という大きな分岐点がありましたので、2冊の性格はかなり異なるものになっています。

 まず作家の和田芳恵さんの手になる『筑摩書房の三十年』は、創業30周年にあたる1970年に非売品として配布され、長らく社史の名著として語り継がれてきたものです。古田晁と臼井吉見という松本中学校以来の同級生二人が、「出版をやろう」という青雲の志を抱いたところから始まり、お互いに手を携えて、小さな会社を守り育てていく道のりが活写されています。古田から「出版社らしい屋号」を考えろと言われて、臼井は郷里である南信一帯の呼称にちなんで「筑摩書房」と名づけます。

 とはいえ、屋号を決め看板は掲げたにせよ、出版のことは何も知らないズブの素人が、志と情熱だけを頼りにいきなり起業するわけです。ましてや1940年といえば、日本が太平洋戦争に突入する前夜です。すでに統制経済が敷かれて用紙事情は悪化し、紙の割当てという名目で思想の統制も始まっていました。そんな時期に出版業に手を出すこと自体、無謀だと言われても仕方ありません。

 それでも何とか乗り出していけたのは、古田のおおらかな人間的魅力、臼井の企画力、それに古田の実家の財力という後ろ盾があったからです。会社設立の挨拶状を出した半年後に、大した準備もなしに、いきなり『中野重治随筆抄』、宇野浩二『文藝三昧』、中村光夫『フロオベルとモウパッサン』の3冊を刊行するのですから、ただ事ではありません。これで「なんとなく、筑摩書房の方向が決まる」と見定めた、ラインナップの絶妙さは見事という他ありません。

 原価計算も知らず、どのようにして本を作ればいいか見当もつかず、定価は本屋に並んでいる新刊書を見て適当につけたという危なっかしさ。一方で、装幀は青山二郎に頼むなど、「少しでも金をかけたほうが効果があがるという場合は、決して出し惜しみをしない」という古田の方針。怖いもの知らずの無手勝流は、業界のお歴々を驚かせます。「金に糸目をつけず、売れようが売れまいがお構いなしに、一級品を出版する」会社の出現は、「出版界の驚異の的になった」とあります。

「出版社の財産は出版目録である」とはしばしば言われるところですが、戦中戦
後の苦難の時期に、和辻哲郎、唐木順三、中島敦、太宰治、上林暁、永井荷風、
柳田國男、田辺元、林達夫、吉川幸次郎、椎名麟三、宮本百合子といった錚々た
る顔ぶれの単行本を手がけ、社の「背骨」になる企画をということで『ポオル・
ヴァレリイ全集』に挑み、戦後はいち早く臼井吉見編集長のもとで総合雑誌『展
望』を刊行するなど、「いい本」を出すことに果敢にチャレンジしていく会社の
バイタリティは、和田芳恵さんの筆によって、実に生き生きと描かれています。
「出版屋というものは、こんなに毎晩呑まないといけないものですか」と尋ねる
妻に、「おれも、はじめる前は知らなかったが、そういうもんだ」と答える古田
の様子など、人柄を彷彿とさせて愉快です。

「考える人」編集長 河野通和(こうのみちかず)
────────────────────────────────────
定期購読(1年間5,600円、3年間15,000円 税込み・送料小社負担)
バックナンバーのご注文
http://www.shinchosha.co.jp/kangaeruhito/backnumber.html
お問い合わせは下記まで。
新潮社「読者係」直通電話 03-3266-5111(平日10:00~17:00)
------------------------------------------------------------------------
Copyright(c), 2011 新潮社 無断転載を禁じます。
発行 新潮社
〒162-8711 東京都新宿区矢来町71
新潮社ホームページURL● http://www.shinchosha.co.jp/