┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 対談というもの
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「男性に対する辛辣な言葉を残している」と、朝日新聞「天声人語」(11月27日)
が紹介しています。9月に亡くなっていた、と訃報が伝えられた女優、原節子さ
んが「1957年に高名な学者と雑誌で対談した折の発言だ」とあります。すぐに
「あれだな!」と記事が思い浮かびました。

「中央公論」1957年11月号に掲載された向坂逸郎(さきさかいつろう)氏との対談です。向坂さんは九州大学教授。マルクス主義経済学の泰斗で、激しい争議が続いていた福岡県・三井三池炭鉱労組の理論的支柱として、まさに“時の人”でした。「東京物語」など小津安二郎映画の「古風で控えめで貞淑な」原さんとは対極的なイメージです。当時、原さんは37歳、向坂さんは60歳。対談記事の前口上には、こう謳われています。

〈二十年の想いをひめてスクリーンの恋人と語る、老学究の心暖まる人生論〉

 いま読んでも中味の濃い、実に面白い対談です。もちろん、この記事が世に出
た時に、私自身はまだ4歳。原節子という女性の印象を揺さぶるこの対談を、実
際に読むのは1978年秋のことです。対談を担当した当時の編集者が、その春入社
した私の配属先である「婦人公論」の編集長でした。

「婦人公論」では、その頃、当代の人気女優を聞き手にした連載対談を雑誌の
“顔”と位置づけていました。その年は、「シラケ女優」と呼ばれた秋吉久美子
さんがホステス役を務めていました。私は、夏に行われた中上健次さんとの対談
の場に出たりしましたが、秋口に入ったあたりで、編集長に呼ばれて厳命を受け
ます。「来年から女優対談はお前が担当せよ。ついては昔自分がやった原節子×
向坂逸郎対談のように、意外な組合せで、大物同士の対談を仕掛けろ。そして、
現場の仕切りを含めて、中味は全部、お前が自分で作れ」と。

 それから80年12月に部を離れるまで2年余、このシリーズを担当しました。大
原麗子さん、宝塚を辞めた直後の鳳蘭さん、そして檀ふみさんを数回手がけたと
ころで、後任にバトンを渡します。編集長のお眼鏡にかなうような、意外な大物
との組合せを毎月お膳立てするのは大変でした。1回1回が、それだけに印象深い
仕事です。

 編集長に「対談はお前が作れ」と命じられたように、現場では自然な会話の流
れを尊重しつつも、時には微妙に話題を転じたり、脇からホステス役を焚きつけ
たり、まぜっかえしたりしたものです。そして、話をまとめる際には順序を変え
たり、ムダを省いたり、加筆したり、いろいろ工夫を凝らしました。お手本は吉
行淳之介さんなど、いわゆる座談の名手たちでした。

「考える人」編集長 河野通和(こうのみちかず)
────────────────────────────────────
http://www.shinchosha.co.jp/magazines/teiki.html
バックナンバーのご注文
http://www.shinchosha.co.jp/kangaeruhito/backnumber.html
お問い合わせは下記まで。
新潮社「読者係」直通電話 03-3266-5111(平日10:00~17:00)