世界一うまい羊肉、チグリス川の鯉、ソマリヤのパパイヤ――世界中を駆け巡るジャーナリストが、戦場で、あるいは平和だったあの街で、口にしたもの。それは「国家」そのものだった。食から見える世界の真実。
 

能楽師であるとともに古典文学にも造詣が深く、「論語」からシュメール語の神話まで横無尽に読みこなす安田登さん。いつも「考える人」紙面での読書ガイドに登場…
もっと読む
メルマガに登録する
メルマガバックナンバーを見る

page-top