『街の人生』や『断片的なものの社会学』という、マイノリティーへの長年の聞き取り調査を軸とした著作が話題になる一方、小説「ビニール傘」は芥川賞候補作に。いま一番注目されている社会学者の多忙な日々の記録。
小説家・天童荒太さんの「Q&A的小説作法講義——『孤独の歌声』から『永遠の仔』『悼む人』最新作『ペインレス』まで」を掲載しました。5月29日に神楽坂ラカグで…
もっと読む
メルマガに登録する
メルマガバックナンバーを見る

page-top