『街の人生』や『断片的なものの社会学』という、マイノリティーへの長年の聞き取り調査を軸とした著作が話題になる一方、小説「ビニール傘」は芥川賞候補作に。いま一番注目されている社会学者の多忙な日々の記録。
高村薫さんと南直哉さんの二度の対談をまとめた、『生死(しょうじ)の覚悟』が5月16日に新潮新書の新刊として発売になります。
もっと読む
メルマガに登録する
メルマガバックナンバーを見る
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら

page-top