メキシコ料理にルーツを持つ「タコス」は、いかにして沖縄に持ち込まれ、チャンプル的発展を遂げて定着するに至ったか。「チャーリー多幸寿」創業者の勝田直志氏の足跡をたどりながら、気鋭の研究者が沖縄戦後史の一面を描き出す。

能楽師であるとともに古典文学にも造詣が深く、「論語」からシュメール語の神話まで横無尽に読みこなす安田登さん。いつも「考える人」紙面での読書ガイドに登場…
もっと読む
メルマガに登録する
メルマガバックナンバーを見る

page-top