YMOの初期のアルバムは宇宙人に聴かせたいというロマンチックな気持ちで作ったと語る細野晴臣さんが、いまいちばん興味があるのは「地球の音」。人一倍鋭い耳を持つ細野さんが、様々な音を手がかりに地球の暮らしを考えます。本誌と並行連載。

能楽師であるとともに古典文学にも造詣が深く、「論語」からシュメール語の神話まで横無尽に読みこなす安田登さん。いつも「考える人」紙面での読書ガイドに登場…
もっと読む
メルマガに登録する
メルマガバックナンバーを見る

page-top