同じ場所にとどまることなき旅人のように、次々と新たな表現を切り拓いてきた写真家・石内都。その「旅」のひとつひとつを、彼女と親交の深いノンフィクション作家が活写する。

まずは2012年、ある女性画家の遺品が待つメキシコへの旅から――。

こんにちは。「Webでも考える人」新編集長の松村正樹です。先週にひきつづき、自己紹介もかねて、日記を掲載したいと思います。46歳、入社24年目、妻と娘あり、…
もっと読む
メルマガに登録する
メルマガバックナンバーを見る
「考える人」最新号
「考える人」最新号
2017年春号 開講! 読みたい授業
BACKSTAGE REPORT
福島県立浪江高等学校
〝最後の三年生〟14人の旅立ち
もっと読む

page-top