同じ場所にとどまることなき旅人のように、次々と新たな表現を切り拓いてきた写真家・石内都。その「旅」のひとつひとつを、彼女と親交の深いノンフィクション作家が活写する。

まずは2012年、ある女性画家の遺品が待つメキシコへの旅から――。

雑誌「考える人」で長らく続いた人気連載、平松洋子さんの「日本のすごい味」が、『日本のすごい味—おいしさは進化する—』『日本のすごい味—土地の記憶を食べ…
もっと読む
メルマガに登録する
メルマガバックナンバーを見る

page-top