同じ場所にとどまることなき旅人のように、次々と新たな表現を切り拓いてきた写真家・石内都。その「旅」のひとつひとつを、彼女と親交の深いノンフィクション作家が活写する。

まずは2012年、ある女性画家の遺品が待つメキシコへの旅から――。

今週も、お知らせが2つあります。1つ目。池田清彦さんと養老孟司さんの最新対談「虫との大切な時間」を掲載しました。
もっと読む
メルマガに登録する
メルマガバックナンバーを見る

page-top