同じ場所にとどまることなき旅人のように、次々と新たな表現を切り拓いてきた写真家・石内都。その「旅」のひとつひとつを、彼女と親交の深いノンフィクション作家が活写する。

まずは2012年、ある女性画家の遺品が待つメキシコへの旅から――。

1月20日 トランプ、トランプと騒ぎすぎるのもどうかと思いますが、大統領就任式での演説はやはり注目です。ケネディ大統領を含め、歴史を刻んだこの舞台で、彼が何を語りかけるか。
ボブ・ディラン氏の「ノーベル文学賞受賞!」のおかげで、この本にめぐり合うことができました。ボブ・ディラン様さまです。ご存じの方も多いのでしょうが、ディ…
もっと読む
メルマガに登録する
メルマガバックナンバーを見る
「考える人」最新号
「考える人」最新号
2017年冬号 ことばの危機、ことばの未来
編集部からのお知らせ
BACKSTAGE REPORT
ユニクロが問い続ける
「人はなぜ服を着るのか?」
もっと読む

page-top