戦前から戦中にかけてこの国を蔽った超国家主義、ファシズムに親鸞思想はどう関わったのか。

「考える人」での連載を経て『親鸞と日本主義』を上梓する中島岳志氏と、小説『親鸞』三部作を著した作家・五木寛之氏が、自らの経験とともに縦横に語り合う――。

小説家・天童荒太さんの「Q&A的小説作法講義——『孤独の歌声』から『永遠の仔』『悼む人』最新作『ペインレス』まで」を掲載しました。5月29日に神楽坂ラカグで…
もっと読む
メルマガに登録する
メルマガバックナンバーを見る

page-top