戦前から戦中にかけてこの国を蔽った超国家主義、ファシズムに親鸞思想はどう関わったのか。

「考える人」での連載を経て『親鸞と日本主義』を上梓する中島岳志氏と、小説『親鸞』三部作を著した作家・五木寛之氏が、自らの経験とともに縦横に語り合う――。

当サイトに連載にされていた佐藤健太郎さんの『世界史を変えた新素材』(新潮選書)が、おかげさまで「発売忽ち重版」となりました。各章の順番を入れ替えて、全…
もっと読む
メルマガに登録する
メルマガバックナンバーを見る

page-top