ある時は『ゼロからトースターを作ってみた結果』などの翻訳者として、ある時は大ブームになった「ぎゅうぎゅう焼き」の考案者、ある時はやんちゃな双子男児の母として、さまざまな顔をもつ村井理子さん。琵琶湖のほとりで暮らしながら考える、日々のこと。

劇団ロロ(読み方は「ろろ」)の公演「父母姉僕弟君」を見に、新宿一丁目のシアターサンモールへ。「劇団ロロが今面白い、脚本・演出の三浦直之がいい」と、「新…
もっと読む
メルマガに登録する
メルマガバックナンバーを見る

page-top