ある時は『ゼロからトースターを作ってみた結果』などの翻訳者として、ある時は大ブームになった「ぎゅうぎゅう焼き」の考案者、ある時はやんちゃな双子男児の母として、さまざまな顔をもつ村井理子さん。琵琶湖のほとりで暮らしながら考える、日々のこと。

旬のミュージシャン・クリエイターが影響を受けた本について書く「Rhythm&Rhymes(リズム&ライムズ)」という新しい連載をはじめました。配信一回目は、14年ぶ…
もっと読む
メルマガに登録する
メルマガバックナンバーを見る
「考える人」最新号
「考える人」最新号
2017年春号 開講! 読みたい授業

page-top