四歳のときに視力を失ったエッセイストの三宮麻由子さんが、研ぎ澄まされた感覚と選び抜かれた言葉遣いで、さりげない日常から独自の景色を切り出すエッセイ。

旅や山への愛情の深い若菜晃子さんの連載「おかしなまち、おかしなたび」がスタートしました。以前、「考える四季」の欄に「綾滝にて」という文章をご寄稿くださ…
もっと読む
メルマガに登録する
メルマガバックナンバーを見る
編集部からのお知らせ
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら

page-top