四歳のときに視力を失ったエッセイストの三宮麻由子さんが、研ぎ澄まされた感覚と選び抜かれた言葉遣いで、さりげない日常から独自の景色を切り出すエッセイ。

雑誌「考える人」で長らく続いた人気連載、平松洋子さんの「日本のすごい味」が、『日本のすごい味—おいしさは進化する—』『日本のすごい味—土地の記憶を食べ…
もっと読む
メルマガに登録する
メルマガバックナンバーを見る

page-top