Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

2019年1月25日

芥川賞! 石井遊佳さん『百年泥』担当編集者が困ったこと(No.753)

Webでも考える人メールマガジン
 
2019.01.24配信 HTMLメールを表示出来ない方は こちら
最新の話題
Webでも考える人 ランキング
“断捨離”や“終活”ブームの中、村井さんが新年に取り組んだのも「私物の整理」。《古いノート類は急いで破いた。こんなものを死後に読まれたら死んでしまう》というフレーズが多くの人に響きました。

最新刊『犬(きみ)がいるから』で愛犬「ハリー」との日々を綴っている村井さん、かつて13年間一緒に暮らした「トビー」との別れの日のことを綴った2016年7月の記事が今また読まれています。

イタリアの高速道路の休憩所は、異次元の気配でいっぱい。休日明けの夜明け前に車を走らせる内田さんの脳裏に、20年以上前の思い出がよみがえります。

編集長 今週のメルマガ

工場』、『』、『』の著作で知られる芥川賞作家・小山田浩子さんの食についての連載エッセイ「小さい午餐」をはじめました。

外で食事をすると団欒に侵入してしまったような気がするという小山田さんが、周りの客の声に耳をすましながら、一人で食事をする場面をユーモラスに描きます。リアルなのに、うっすら不思議な空気の漂う、いわば小山田版「孤独のグルメ」。

一回目は、「居酒屋の日替わり定食」で、鯛の刺身と、牛ばらと厚揚げの炒めを食べます。

1月12日(土)
先週の日帰り出張話の続き。

本当は昨日中に食べるべきだったのだろうが、大阪出張のお土産に買ってきた551蓬莱の肉まん、しゅうまい、エビしゅうまいをお昼に家族で食べた。

551蓬莱、昨年お土産で買ったら家族の反応がよく、それ以来、たまに買って帰ってきている。小ぶりの出来立ての肉まんが食べやすいし、意外と安いし、一旦、関西土産は551蓬莱だと思うと、逆に、買って帰らないと勿体無いような気持ちになってしまう。

しかし、これだけ関西のお土産の定番だとこういうこともあるのだな、と思ったのは、昨日帰り、飛行機に乗って、23C席に座る前に551蓬莱の手提げ袋を荷台に置こうとしたら、なんともう既に全く同じ551蓬莱の紙袋があるではないか!

おそらく既に座っていた23A席かB席の方のものなのだろうが、万一、自分のと間違えられたら、と思うと気が気でない。もし自分の袋を先にB席の人に取られてしまっても、ちょっと中身見せてください、とは言いにくいしなあ。

スーツケースみたいに紙袋に自分の目印を付けようと思い、後から考えたらハンカチを上に載せるぐらいでよかったのだが、瞬時にとった行動が、紙袋の中に脱いだジャケットを入れるというもの。羽田空港に着いて羽織ったら、すごくシュウマイくさいジャケットになってしまった……。

1月16日(水)
Webでも考える人」編集部が社内で4階から3階に引っ越しすることになり、本日、電話工事や荷物運びをしたのだが、芥川賞選考会の日と日程が重なってしまった。自分の担当作家の作品は候補になってないが、縁あって「ジャップ・ン・ロール・ヒーロー」で芥川賞の候補になった鴻池留衣さんの結果を待つ、通称「待ち会」に呼ばれている。

引っ越しは力仕事が多いので、ラフな格好で行きたいが、あまりにラフな格好で「待ち会」に顔を出すと、まるで受賞記者会見にこのあと顔を出そうと思ってない(受賞すると思ってない)感じがしてしまって評判よくない。いろいろ考えて、汚れてもいいシャツに、汚れてもいいジャケットで出社。念のためネクタイもバッグに入れていく。

先ほどまで「考える人」の古い荷物を倉庫に運んでいたのに、場面変われば緊張感あふれるそわそわした待ち会の現場。鴻池さんはなぜか女装姿で登場。これぞ「Webでも考える人」と「新潮」の兼務のたまものだと実感した長い一日だった。

結果、鴻池さんは残念ながら落選して、「新潮」掲載作の町屋良平さんの「1R(ラウンド)1分34秒」と、鴻池さんと同じく「新潮」新人賞出身の上田岳弘さんの「ニムロッド」が受賞。鴻池さんは女装姿で、銀座までお二人におめでとうと言いにいったらしい。

1月17日(木)
評判を聞いていた、恩蔵絢子さんの『脳科学者の母が、認知症になる: 記憶を失うと、その人は“その人”でなくなるのか?』を読む。

タイトル通りの内容。アルツハイマー病になって記憶を失っていく母親の姿を、脳科学者の筆者が冷静に観察する。様々な記憶を失くし、できなくなっていく母を観察しながら、「母に残っているものは何か」を問い続け、「感情こそが知性である」ことを確認する。

ただ、著者が発見したファクトを受け取るだけでなく、読んでいて言語化しにくいなんともいえない感情が湧いてくる不思議な本だった。こういう感覚をエモいというのか。

Webでも考える人 おすすめの話題
どうもです。地点による松原さん原作の2公演、観ました。というか2回とも会場でお会いしましたね。松原さんも東京滞在が長くて大変だったのでは……
“Are you still writing that book?”(その本まだ書いているの?)自宅近くのカフェで数カ月前に出した本の……
「とんでもない」の丁寧な形には、現在、「とんでもないことでございます」「とんでもございません」の2種類があります。このうち、後者の「とんでも……

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

8

2

(Fri)

今週のメルマガ

柴田元幸「亀のみぞ知る」、春間豪太郎「草原の国キルギスで勇者になった男の冒険」連載スタート! (No.779)

8月1日更新さあ、冒険をはじめよう! 春間豪太郎 8月1日更新四十五 科学技術と道義心 池田雅延 8月1日更新 […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

“Plain living, high thinking”(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長 松村 正樹


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら