考える人

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

「author」の検索結果

亀のみぞ知る―海外文学定期便―

2019年5月31日

(11)いまごろの発見で恐縮ですが――ジョン・キーン、すごい

 ニュー・ディレクションズといえば海外の文学を積極的に出版していることで知られるアメリカの出版社で、これまで出 […]

  • ことば
  • 文学
cal1240x240

2019年5月30日

[訳者まえがき]ジョゼ・ルイス・ペイショット『白い村の老人た……

 ポルトガルのアレンテージョ地方の家は、夏の熱い外気を避けるために、どれも背が低く窓は小さく、壁には白い漆喰が […]

  • ことば
  • 文学
亀のみぞ知る―海外文学定期便―

2019年3月29日

(9)ロックンロール、フォークナー、ディラン

 1950年代アメリカは、ロックンロールが生まれた時期であり、と同時にフラナリー・オコナー、カーソン・マッカラ […]

  • ことば
  • 文学
ジョゼ・ルイス・ペイショット

2019年3月5日

ジョゼ・ルイス・ペイショット

1974年、ポルトガル内陸部アレンテージョ地方、ガルヴェイアス生まれ。2000年に発表した初長篇『無のまなざし […]

宮本輝

2019年3月5日

宮本輝

みやもと・てる 1947(昭和22)年、兵庫県神戸市生れ。追手門学院大学文学部卒業。広告代理店勤務等を経て、1 […]

池田清彦

2019年3月4日

池田清彦

いけだ・きよひこ 1947年、東京都生れ。東京都立大学大学院理学研究科博士課程単位取得満期退学。理学博士。生物 […]

第3回 歴史のif、人生の偶然

2018年12月28日

第3回 歴史のif、人生の偶然

歴史上の「謎の材料」たち 出口  今日は本屋さんでのイベントなので、本に関わる材料の話をすると、人間にとって何 […]

第2回 日本が資源大国になる?

2018年12月27日

第2回 日本が資源大国になる?

「海洋資源」の可能性 出口  日本には資源がありません。化石燃料も鉄鉱石もゴムも採れない。でも、海洋を含めて考 […]

第1回 「文明の3要素」とは何か

2018年12月26日

第1回 「文明の3要素」とは何か

高校生の質問から生まれた本 佐藤  このたび刊行した『世界史を変えた新素材』という本は、人類の歴史を「材料科学 […]

img_fdb9cfc34141c6cdafb7643c0d8796cb285448

2018年6月27日

赤を背景とした恋人たち

 いままでは、彼を「バッハ」と呼んでいた。少なくとも、頭のなかでは。でも、彼が元夫の服を着るようになって、コー […]

編集長からのメッセージ

2018年2月28日

編集長からのメッセージ

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。 「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終 […]

町山智浩

2018年2月9日

町山智浩

町山智浩 1962(昭和37)年、東京生れ。早稲田大学法学部卒。宝島社にて『おたくの本』『裸の自衛隊』『いまど […]

世界史を変えた新素材

2017年7月25日

「軽い金属」の奇跡――アルミニウム 後編(最終回)

青年たちが起こした奇跡  1880年代、米国オハイオ州のオーバリン大学に、フランク・ジューエット(1844 & […]

  • まなぶ
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • 評論
村上春樹さん

2010年6月24日

208

村上春樹さん

 予告では詳しく触れていなかった、次号(7月3日発売)の特集について、お伝えしたいとおもいます。特集タイトルは […]

村上春樹さん

2010年6月24日

村上春樹さん

Kangaeruhito HTML Mail Magazine 396    村上春樹さん  予告で […]

MAIL MAGAZINE

7

12

(Thu)

今週のメルマガ

岡田利規作・演出の『NO THEATER』を観た! 惚れた! (No.776)

7月12日更新 Vol.10 学びの円環 ドミニク・チェン 7月10日更新 夢見るサルレーダー 松原始 7月9 […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

“Plain living, high thinking”(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹