シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

「お坊さんらしく、ない。」一覧

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

十六、よい宗教、わるい宗教

 かなり前のことだが、当時世間を驚愕させる大事件を起こした宗教団体、いわゆるカルト教団に、友人が入信してしまったという若い女性に会ったことがある。  「私がいけな……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

十五、「苦」の正体――覚めない夢、破れる現実

 学校と相性の悪かった私は、学生時代に数々の苦杯を舐めたが、その幾つかは余程のトラウマとなったのか、50を過ぎても夢に出て来た。  一つは、高校の定期テストで、科……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

十四、「ま、いいか」の精神

 世には超有名寺院とでも言うべき寺もあれば、ほとんど馴染みの檀家しか来ないような寺もある。恐山と私が住職を務める寺のようなものである。  ところが昨今、インター……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

十三、ゼロ思考――万事を休息せよ

 いつの頃から言われ始めたのか知らないが、私がどうしても苦手で馴染めない言葉に「プラス思考」というものがある。これをやたら連発するのは、多くの場合中年以上の男で……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

十二、住職の地獄耳

 かれこれで30年余、住職などしていると、忘れがたい人や出来事、言葉などがあるものだ。中でも、思わぬところで、思わぬ時に聞いた言葉は、インパクト絶大である。   「……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

十一、「コミュ力」に必要な本当のこと

 何度もあちこちで書いたり話したりしたことだが、私は人生最初の記憶が小児喘息の発作で、絶息状態になって目の前が真っ赤になるという、実に筋金入りの虚弱児である。 ……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

十、禅と宇宙

 先般、『東洋経済』という経済誌から対談の依頼があった。  「誰と対談するんですか?」  すると編集者が、  「いや、まず南さんに受けていただいて……」  「はあ……」  ……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

九、「親ガチャ」をゆるせないか

「親ガチャって、知ってるか?」  と知人が言った。 「よく知らんがオモチャだろ」  確か、お金を入れて、ハンドルを回すとオモチャが出てくる遊びで、街のところどころ……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

八、修行道場の怪獣

 修行道場というのは、毎日、毎月、毎年、することが決まっている上に、何をするにも作法や手順まで定まっていて、ほぼ完全な「ルーティンライフ」の日々である。  する……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

七、後ろ向き人生訓

 恐山にいると、地元の学校などから、学習や行事に協力するよう求められることがある。  先だっても、知り合いの先生から電話があって、 「〈総合学習〉の一環で、恐山を……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

六、私の「諸行無常」

「『お坊さんらしく、ない』なんてタイトルだから気楽にやってるんだろうが、もう5回も記事を出したんだから、そろそろ真面目に仏教のことを書いたらどうだ」  最近こう……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

五、親しき仲にもポリティクス

 別に募集しているわけではないのだが、私は自分と話をしてみたいと言う人とは、基本的に会うことにしている。今はウイルス禍で中止しているが、それ以前には月に2、3回く……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

四、行き先の心配

 我々には、どうしても知りたいけれど、他人に訊くのが憚られる、あるいは恥ずかしいと思うことがあるものだ。自分に対する上司の評価とか、好きになった人の胸の内、大そ……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

三、見かけは問題

 師匠に正式に弟子入りする前、いわば「弟子見習い」のような期間がひと月ほどあった。  その初日、「替えの下着だけ持って来れば、あとは何も要らん」  と言われて、小……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

二、お似合いの場所――「霊場恐山」について

 俗に「マサカリの形をした」と言う青森県下北半島の真ん中、そこに霊場恐山がある。その院代(住職代理)を務めて、丸15年が過ぎた。  ありがたいことに、講演などで全……

お坊さんらしく、ない。
  • こころ
  • くらし
  • エッセイ

一、「老師」はつらいよ

 お坊さんに呼びかけるとき、どう言ったらいいのかというのは、一般の人には結構悩むところらしい。 「どう言えばいいんですか? 和尚(おしょう)さんでいいんですか?」 ……

MAIL MAGAZINE

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき
  •  

考える人とはとは

 はじめまして。2021年2月1日よりウェブマガジン「考える人」の編集長をつとめることになりました、金寿煥と申します。いつもサイトにお立ち寄りいただきありがとうございます。
「考える人」との縁は、2002年の雑誌創刊まで遡ります。その前年、入社以来所属していた写真週刊誌が休刊となり、社内における進路があやふやとなっていた私は、2002年1月に部署異動を命じられ、創刊スタッフとして「考える人」の編集に携わることになりました。とはいえ、まだまだ駆け出しの入社3年目。「考える」どころか、右も左もわかりません。慌ただしく立ち働く諸先輩方の邪魔にならぬよう、ただただ気配を殺していました。
どうして自分が「考える人」なんだろう―。
手持ち無沙汰であった以上に、居心地の悪さを感じたのは、「考える人」というその“屋号”です。口はばったいというか、柄じゃないというか。どう見ても「1勝9敗」で名前負け。そんな自分にはたして何ができるというのだろうか―手を動かす前に、そんなことばかり考えていたように記憶しています。
それから19年が経ち、何の因果か編集長に就任。それなりに経験を積んだとはいえ、まだまだ「考える人」という四文字に重みを感じる自分がいます。
それだけ大きな“屋号”なのでしょう。この19年でどれだけ時代が変化しても、創刊時に標榜した「"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)」という編集理念は色褪せないどころか、ますますその必要性を増しているように感じています。相手にとって不足なし。胸を借りるつもりで、その任にあたりたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

「考える人」編集長
金寿煥


ランキング

「考える人」から生まれた本


  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら