Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

考える猫のその日暮らし

2018年3月5日 考える猫のその日暮らし

野菜が好き。

著者: 大高郁子

この記事をシェアする

「考える猫のその日暮らし」の最新記事

考える猫のその日暮らし

ミラーリング

考える猫のその日暮らし

ひとり運動会

考える猫のその日暮らし

夢判断

MAIL MAGAZINE

8

2

(Fri)

今週のメルマガ

柴田元幸「亀のみぞ知る」、春間豪太郎「草原の国キルギスで勇者になった男の冒険」連載スタート! (No.779)

8月1日更新さあ、冒険をはじめよう! 春間豪太郎 8月1日更新四十五 科学技術と道義心 池田雅延 8月1日更新 […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

“Plain living, high thinking”(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

大高郁子

兵庫県生まれ。イラストレーター。京都精華大学デザイン学科卒業。季刊誌「考える人」の連載「向井万起男のどんな本、こんな本」の挿絵を担当。主な仕事に、吉田武著『はじめまして数学』『はじめまして物理』、大栗博司著『数学の言葉で世界を見たら』等、理系分野の著者の本の装画を数多く手がける。最近、久保田万太郎の俳句をきっかけに俳画に目覚め、言葉と絵の距離感を模索する日々である。

連載一覧


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき