伊集院光さんが朝のラジオで語った話です。以前、放送で「水を得たさかなのよう」と表現したら、ディレクターに「正しくは『うお』です。訂正を入れてください」と言われたそうです。ご本人は「『さかな』でよくね?」と、釈然としなかったとか。
 調べてみると、次のようなことが分かったと、伊集院さんは回想します。
〈「さかな」ってのは、「酒のさかな」みたいに「おかず」っていう意味がもともとは強くて、〔略〕生きて泳いでるやつは「さかな」じゃなくて「うお」なんだと〉(TBSラジオ「伊集院光とらじおと」2016年11月1日放送)
 この朝のラジオには私もゲスト出演しており、貴重なエピソードを直接聞くことができました。私は伊集院さんに味方し、「さかな」もOKです、と発言しました。
「さかな」でかまわない理由は、この表現が「○○のよう」という比喩だからです。比喩は、それぞれの人が独自の表現を用いることが許されます。
 たとえば、「蛇蝎(だかつ)の如く嫌う」という比喩があります。「蛇蝎」はヘビとサソリで、「非常に強く嫌う」ということです。でも、「蛇蝎」は硬い表現で、通じにくい。そこで、「蛇やサソリのように嫌う」と言い換えてみる。これは何ら不都合はありません。むしろ、言い換えたほうが、意味がよく伝わるようになります。
「水を得たうおのよう」も同様です。「うお」は、今日では「魚河岸(うおがし)」「活魚(いきうお)料理」など限られた場合にしか使われません。魚類のことは一般に「さかな」と言います。それなら、分かりやすく「水を得たさかなのよう」としても問題はないわけです。
 こんなことをツイッターで呟(つぶや)いたところ、「『水を得たうおのよう』は慣用句だから、変えるべきでない」という意見がありました。これは有効な反論ではありません。慣用句には、形がほぼ一定しているものから、バリエーションの作りやすいものまで、いくつかのレベルがあります。慣用句だから変形はだめ、とは言えません。
「水を得たうおのよう」の場合、初めて文献に現れた形は「うおの水を得たる如く」でした。14世紀後半の「太平記」に出ています。でも、今日では普通、この形は使いません。つまり、慣用句は必要に応じて変形していいのです。
 この「うお」も「さかな」も、ともに古代からあることばです。伊集院さんの言うとおり、もともと両者の意味が違ったのは確かです。
「うお」の語源については、はっきりしません。信頼に足る説はなく、ここでの言及は控えておきます。意味は、昔も今も「魚類」です。
 一方、「さかな」の語源はよく知られています。「酒」の「菜(な)(=おかず)」ということで、おかずになる品全般、あるいは、酒席の余興などを指しました。
「太平記」には、両者の意味の違いがよく分かるくだりがあります。鳥のミサゴが海魚をつかんで飛んでいるのを、本間孫四郎という侍が見つけました。孫四郎は弓矢でミサゴと海魚を見事に射落とし、将軍・足利尊氏(あしかがたかうじ)に献上します。
〈御肴(さかな)のために、魚(うを)と鳥とを、推参仕(つかまつ)り候(さうら)ふなり〔=将軍に見せるさかな(余興)として、うお(海魚)と鳥とを献上つかまつります〕〉
 ここでは、「さかな」(余興)と「うお」(海魚)は、はっきり異なっています。
 では、「さかな」が魚類の意味にも使われるようになったのは、いつ頃からでしょうか。『日本国語大辞典』第2版には、魚類の「さかな」の例とされる文章が2つ出ています。17世紀初めの軍学書「甲陽軍鑑(こうようぐんかん)」と、19世紀初めの洒落本(しゃれぼん)「倡客竅学問(しょうかくあながくもん)」です。
「甲陽軍鑑」のエピソードはこうです――さる豊かな百姓が近隣の者に料理を出したが、調理法がめちゃくちゃで食えなかった。さかなは買ってから日数が経って鮮度が落ちているのに(原文〈さかなのさがるに〉)、塩をまぶすこともしなかった。
 ――この〈さかなのさがるに〉の「さかな」は、現物はたしかに魚類です。でも、従来どおり食材としての意味合いが強く感じられます。少なくとも活魚ではないので、この文章は魚類の例に含めないほうがいいでしょう。
 一方の「倡客……」は十返舎一九の作品です。遊廓で女郎と客が騒いでいます。客は〈ソレさかながはねるぞ〉と言いながら、その場でジャンプしたりします。ばかばかしい場面です。この「さかな」は、はねているのだから、食材ではなく魚類の意味だと言えます。19世紀初めには、魚類は「さかな」と言われていたことが分かります。
 以来、200年。海や川で泳ぐ生き物のことを「さかな」と言うのは、ごく一般的になりました。現代の私たちは、「さかな=魚類」が当たり前の時代に生きています。
 もっとも、学校教育で、漢字の「魚」を「さかな」と教えるようになったのは、実はごく最近のことです。
 戦後間もない頃、漢字制限を目指した「当用漢字表」「当用漢字音訓表」が告示されました。その音訓表では、「魚」の漢字に〈ギョ うお〉の読みしか示されていませんでした。この表で学んだ世代の人(1967年生まれの私もそうです)は、「『魚』を『さかな』と読んではいけない」と教えられました。
 ところが、81年になって、日常生活で使う漢字の目安を示す「常用漢字表」が新たに告示され、学校教育でも用いられるようになりました。この表では、「魚」に〈ギョ うお さかな〉の読みが認められました。教育現場の基準は変わりやすいですね。
「水を得た魚」を「さかな」と読むのに抵抗がある人は、もしかすると、当用漢字で育った人に多いかもしれません。ことばの正誤の意識は、自分が受けた教育に左右される部分がかなり大きいものです。