日本語の基本的な色名である「あか」「あお」「しろ」「くろ」には、「みどり」「むらさき」など後発の色名にはない特徴があります。それは、「赤い」のように「い」をつけて形容詞になることです。昔ならば「赤し」と「し」をつけました。
「赤い」「青い」「白い」「黒い」とは言えますが、「緑い」「紫い」とは(普通は)言いません。「緑(色)の」「紫(色)の」などと言わなければなりません。
 このことだけを取っても、4つの基本的な色名の使い勝手は、他の色名に勝っています。「ミカンが(だいだい)色になる」よりも「ミカンが赤くなる」、「緑色の葉っぱ」よりも「青い葉っぱ」と言うほうが簡単です。かくして、基本的な4つの色名は、現代でもなお盛んに使われ続けています。
 ところが、後発の色名でも、例外的に「い」のつくものがあります。
 まずは「黄色い」。「黄い」ではなく「黄色」と「色」をつけてから「い」がついているのが「あかい」などとは違います。
 「き(黄)」という色名は、いつ頃から現れたのか、確かな古い例が必ずしもないのですが、平安時代の「枕草子」「源氏物語」には〈黄なる〉(=黄色の)の形で出てきます。語源は「木」からで、切り口の色を指すという説明が私にはしっくりきます。
 「黄色」は、色相で言えば「あか」(レッド)と「あお」(ブルー)の中間をカバーする色なので、形容詞形があると便利です。古代からある「赤い」「青い」に比べるとかなり遅れますが、明治維新の頃に「黄色い」が登場した模様です。
「茶色い」も例外のひとつです。登場したのは戦後で、最初はまだ奇異に思われていました。髪の毛・革製品などに関して、たしかに「茶色」はよく使われますが、「緑色」などを差し置いて、先に「い」がつくようになったのは不思議です。
 外来語の色名にも「い」のつくものがあります。「ピンクい」がそうです。
 NHKのラジオ番組に出演したとき、「『ピンクい』は聞いたことがないが、そのうち使われるようになるかも」と話したら、「『ピンクい』、使ってます」というリスナーからの情報が寄せられました。宮城の病院で、事務の人が「あのピンクいとこ(ソファー)で話しましょうか」と言った、福井の和菓子屋さんで「ピンクいのですか」と言われた、「沖縄在住だが使っている」などなど。
 ある先生は、大学生に毎年「ピンクい」を使うかどうかを質問しており、「年々増加している」「『書くのも可』の人が増えている」という結果を得ているとのこと。
 私は不勉強でした。色名の形容詞化は現に進行中のようです。