Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 
中島岳志
中島岳志
(なかじまたけし)

なかじま・たけし 1975(昭和50)年、大阪府生れ。大阪外国語大学でヒンディー語を専攻する。京都大学大学院博士課程修了。2005(平成17)年、『中村屋のボースインド独立運動と近代日本のアジア主義』で、大佛次郎論壇賞とアジア・太平洋賞大賞を受賞する。京都大学人文科学研究所研修員、ハーバード大学南アジア研究所客員研究員、北海道大学公共政策大学院准教授を経て、2016年3月より東京工業大学教授。著書に、『ヒンドゥー・ナショナリズム』『ナショナリズムと宗教』『パール判事』『朝日平吾の鬱屈』『秋葉原事件 加藤智大の軌跡』『血盟団事件』『岩波茂雄 リベラル・ナショナリストの肖像』『下中彌三郎 アジア主義から世界連邦運動へ』『親鸞と日本主義』などがある。

関連書籍