Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

安田菜津紀の写真日記

2018年7月6日 安田菜津紀の写真日記

災害から考える、言葉の壁

著者: 安田菜津紀

震災直後、岩手県陸前高田市内の避難所の掲示板。電波も微弱で、こうした紙の文字情報に頼らざるをえなかった。

 朝から落ち着かず、何が起きているか少しでもつかもうと、スマホやPCの画面に飛び交う情報を追い続けた。大阪北部地震の朝、周辺に住む知人たちからも次々と無事の報告が舞い込む。「私は大丈夫。それよりも言葉が分からない外国の人たちが、路上や駅で立ち往生していたのが気になったよ」。バックパッカーが多く滞在する街に暮らす友人は、海外からやってきた方々の身を絶えず心配していた。
 思えば東日本大震災後も、海外にルーツを持つ多くの人々が情報から取り残されてしまっていた。外国から嫁いできた方々の中でも、パートナーの方が亡くなったり行方不明になったりした女性たちが、貼紙も読めず、避難所の中で飛び交う言葉も分からず、半ばパニック状態に陥ってしまっていたこともあった。私が通っていた岩手の沿岸地域ではフィリピンから来た方々が多く、英語やタガログ語ができる友人たちが手分けして、寝る間も惜しんで情報の翻訳を続けていた。
 こうした非常時だけではない。先日も成田エクスプレスで新宿駅まで戻ってきたとき、駅のアナウンスが日本語のみだということに気が付いた。重い荷物を持って降り立った人々が、右往左往したり、階段とは別の方向に行ってしまう姿が目立った。災害が起きれば、いち早く情報から孤立してしまうのはこうした方々のはずだ。
 オリンピックのための対策を、とこの数年叫ばれ続けてきたが、情報共有の問題は一時的なイベントのためだけではないはずだ。いざとなったときの孤立は混乱を深めてしまう。日頃から、届ける仕組みを作り、届けられる人を育てることが、「おもてなし」の軸なのではないだろうか。

この日は足利に住むムスリムの方々が、カレーの炊き出しのため避難所となっていた公民館を訪れていた。
君とまた、あの場所へ―シリア難民の明日―

君とまた、あの場所へ―シリア難民の明日―

安田菜津紀

2016/04/22発売

シリアからの残酷な映像ばかりが注目される中、その陰に隠れて見過ごされている難民たちの日常を現地取材。彼らのささやかな声に耳を澄まし、「置き去りにされた悲しみ」に寄り添いながら、その苦悩と希望を撮り、綴って伝える渾身のルポ。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

7

12

(Thu)

今週のメルマガ

岡田利規作・演出の『NO THEATER』を観た! 惚れた! (No.776)

7月12日更新 Vol.10 学びの円環 ドミニク・チェン 7月10日更新 夢見るサルレーダー 松原始 7月9 […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

“Plain living, high thinking”(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

安田菜津紀

1987年神奈川県生まれ。Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル)所属フォトジャーナリスト。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。著書に『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』(日本写真企画)、他。上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。

連載一覧

対談・インタビュー一覧

イベント


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき