Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

安田菜津紀の写真日記

熊本の空。何かが空に昇っていく。

 ハロウィンのメロディーが、肌寒くなりはじめた小路に漏れ聞こえる。街中がどこかカラフルで楽し気になるにつれ、暗澹とした気持ちになっていたかつての自分を思い出す。浮かれて見える人々を横目に、どこか自分だけ取り残されたような気になっていた。10月最後の日、父の命日だ。
 
 既に別々の暮らしが始まっていた父の死は、家に突然送られてきたFAX一枚で知らされた。目にしたこともない乾いた言葉が並ぶ中に、父の名前と「死亡」の文字を最初に見つけたのは私だった。妹に察せられないように母を呼び出し、「お父さん、生きてる?」と声を絞り出した途端、涙が止まらなくなった。母は私を黙って抱きしめながら、言葉を必死で探しているようだった。長い沈黙のすえ、たった一言、「私たちには、明日があるから」と語りかけてくれた。葬儀に声はかからなかった。

 それから悲しい日であり続けた10月のこの日が、少しだけ私にとって変わったのは、心を開ける友人の誕生日でもあると知ったときだった。イラク人である彼は今も避難生活を送っている。「きっと僕は生き延びる。だって君のお父さんにも見守ってもらっているんだから」。あの時の彼の微笑みを忘れない。

 時折、「もしもまた、会えたら」と考える。本当は「ありがとう」と一番伝えたいはずなのに、何度も「ごめんね」と口にしてしまう。「守れなくてごめんね」「もっと優しくできなくて、ごめんね」。だからこれからの出会い、別れの中で、「もしも会えたら」と考えなくてもいいように、毎日全力で人を愛したいと思う。その気持ちがきっと、父からもらいうけた、最後の贈り物だ。

10月の表情も多様なのだと考えられるようになった。一大行事、熊本のみずあかり。光の道。
君とまた、あの場所へ―シリア難民の明日―

君とまた、あの場所へ―シリア難民の明日―

安田菜津紀

2016/04/22発売

シリアからの残酷な映像ばかりが注目される中、その陰に隠れて見過ごされている難民たちの日常を現地取材。彼らのささやかな声に耳を澄まし、「置き去りにされた悲しみ」に寄り添いながら、その苦悩と希望を撮り、綴って伝える渾身のルポ。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

7

12

(Thu)

今週のメルマガ

岡田利規作・演出の『NO THEATER』を観た! 惚れた! (No.776)

7月12日更新 Vol.10 学びの円環 ドミニク・チェン 7月10日更新 夢見るサルレーダー 松原始 7月9 […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

“Plain living, high thinking”(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

安田菜津紀

1987年神奈川県生まれ。Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル)所属フォトジャーナリスト。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。著書に『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』(日本写真企画)、他。上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。

連載一覧

対談・インタビュー一覧

イベント


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき