シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

Rhythm & Rhymes

2017年9月26日 Rhythm & Rhymes

そこに流れる言葉は独立した〈詩〉ではなく、あくまでもその情景を補足するような〈歌詞〉であってほしい。

著者: 田中和将(GRAPEVINE)

 何かワケありの〈男〉が街を歩いている。
 それなりに歳を重ねていて、それなりに人生に草臥くたびれている。〈男〉は一歩また一歩と歩みを進め、それから、過去にあった出来事を一つひとつ思い出しては消してゆく。それでも歩みを停めることが出来ない。その先に何が待っているのか、半ばどうでもいいような気持ちなのに歩き続ける。

 どうもそういうイメージを好んで描くことが多い。〈書く〉ではなく〈描く〉としたのは詞作の話だからである。文章ではなく詩でもない。音楽自体が、それだけで充分なほど我が小宇宙に情景を描いてくれるだけに、そこに流れる言葉は独立した〈詩〉ではなく、あくまでもその情景を補足するような〈歌詞〉であってほしい。と、願いながら〈男〉を歩かせてゆく。

 ポールオースターの小説に出逢ったのはいつだったか。多くの人と同じく『ムーン・パレス』に感銘を受け、次に手に取ったのが『ガラスの街』だった。“ニューヨーク三部作”と呼ばれるものの一作目である。これまでに二度訪れたニューヨークは、ボブディランやルーリード、或いは数多の映画などで知る憧れの街ではあったものの、日本に暮らす私にとってはやはり外国であり、思い入れなどあるはずもない。だが『ガラスの街』は最初から切実なリアリティを持って迫ってきた。主人公クィンの歩く街が、もはやニューヨークかどうかなんてどうでもよかった。読み進めるうちに、いつも私が胸に何かを抱えながら歩く街、“ワケありの〈男〉”の歩く街、に重なっていった。

「どれだけ遠くまで歩いても、どれだけ街並や通りを詳しく知るようになっても、彼はつねに迷子になったような思いにとらわれた。街のなかで迷子になったというだけでなく、自分のなかでも迷子になったような思いがしたのである。散歩に行くたび、あたかも自分自身を置いていくような気分になった。街路の動きに身をゆだね、自分を一個の眼に還元することで、考えることの義務から解放された。」

「そして結局のところ、彼が物事から望んだのはそれだけだった−−どこにもいないこと。」

 物語は少しのミステリ臭を漂わせながらも、“THE TOWER OF BABEL”という言葉の印象を残して、様々な解釈と余韻を読者に委ねて終わる。

 私もまた、どこにも存在しない状態で街を歩き始める。何かワケありの〈男〉と共に。

ガラスの街

ポール・オースター/著
柴田元幸/訳

2013/09/01発売

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

「考える人」から生まれた本

  • 春間豪太郎草原の国キルギスで勇者になった男

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき
  •  

考える人とはとは

 はじめまして。2021年2月1日よりウェブマガジン「考える人」の編集長をつとめることになりました、金寿煥と申します。いつもサイトにお立ち寄りいただきありがとうございます。
「考える人」との縁は、2002年の雑誌創刊まで遡ります。その前年、入社以来所属していた写真週刊誌が休刊となり、社内における進路があやふやとなっていた私は、2002年1月に部署異動を命じられ、創刊スタッフとして「考える人」の編集に携わることになりました。とはいえ、まだまだ駆け出しの入社3年目。「考える」どころか、右も左もわかりません。慌ただしく立ち働く諸先輩方の邪魔にならぬよう、ただただ気配を殺していました。
どうして自分が「考える人」なんだろう――。
手持ち無沙汰であった以上に、居心地の悪さを感じたのは、「考える人」というその“屋号”です。口はばったいというか、柄じゃないというか。どう見ても「1勝9敗」で名前負け。そんな自分にはたして何ができるというのだろうか――手を動かす前に、そんなことばかり考えていたように記憶しています。
それから19年が経ち、何の因果か編集長に就任。それなりに経験を積んだとはいえ、まだまだ「考える人」という四文字に重みを感じる自分がいます。
それだけ大きな“屋号”なのでしょう。この19年でどれだけ時代が変化しても、創刊時に標榜した「"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)」という編集理念は色褪せないどころか、ますますその必要性を増しているように感じています。相手にとって不足なし。胸を借りるつもりで、その任にあたりたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

「考える人」編集長
金寿煥

著者プロフィール

田中和将(GRAPEVINE)

GRAPEVINEのボーカリスト/ギタリスト。全曲の作詞を手がける。
デビュー20周年を迎える今年、ユニコーンからOGRE YOU ASSHOLEまで多彩なゲストを迎えた対バン・ツアー「GRUESOME TWOSOME」を開催、ニュー・アルバム「ROADSIDE PROPHET」をリリースしたばかり。10月から全国ツアーを開催する。

GRAPEVINE Official Site>>

連載一覧


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら