シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

おかしなまち、おかしなたび 続・地元菓子

 辻占(つじうら)というお菓子は、もう二十年以上も前、当時金沢に住んでいた姉が、お正月に帰省した折に買ってきてくれたお土産だった。お正月に一家揃ってお屠蘇をいただき、おせち料理を食べた後、午後のお茶の時間になったときに、姉が出してきたのが辻占だった。金沢ではお正月にこんなお菓子を食べるんだってと言って、小袋の口を開けてこちらへ向ける。中に占いが入っているらしいよ。

 それは淡い色をした薄いお煎餅を小さな花のかたちにきゅっとつぼめたような形をしていて、初めて見る風雅なお菓子に、へえ、おもしろいね、金沢はさすが小京都と呼ばれるだけあって、雅なお菓子があるねえなどと言いながら、私たちはめいめい袋の中からおみくじを引くようにつまんで取って、ぱりぱりと音を立てて開けて、中の紙片を取り出した。その指先ほどの小さな白い紙に書いてある占いの言葉が、このお菓子を忘れなくさせたのである。

落雁 諸江屋の辻占の形は、初春らしく福寿草を表すという

 「ずいぶんごすき」とかぼちゃの絵。「だれもすく人」とおかめの絵。「いいものハこれ」と杯の絵。「志んからよい」「よくよく決めた」「たよりをまつ」。占いともいえないような、この意味深長な言葉はなんだろうか。ずいぶん変わってるねえ、まあ昔からのものだからと、皆で自分の引いた紙を見せ合い、それから回りの薄焼煎餅を食べ、お茶を飲み、なにやかやと笑ったり話したりしているうちに、初春の日は暮れていった。
 それからも辻占はお正月に何度か登場したと思うのだが、そのいわれについては無頓着なまま、姉は金沢を離れ、実家での辻占遊びは終わってしまった。

 そもそも辻占とは、道の四つ辻に立って、通る人の言葉で吉凶を判ずる、古代から続く占いだった。それがのちに占いの文句を書いた紙を辻占と呼ぶようになり、江戸時代後期には辻占を菓子の袋に混ぜたり、煎餅で包んだものを辻占煎餅と名づけて、花街などの街頭で辻占売りが売っていたそうだ。金沢には茶屋街があるし、あのいわくありげな占いの言葉は遊郭のお遊びの名残かと合点がいった。短い文句を3枚つなげてひとつの文章にして、意味をもたせたりもしたようだ。

 辻占煎餅は今でも京都の伏見稲荷や神奈川の川崎大師の参道で作られ、また長崎や富山でも新春の縁起菓子として親しまれている。地域によって素材や形はさまざまだが、もとは町角に立つ吉凶の占いが、次第にお菓子のおまけのようになって、年の初めに皆が集い、にぎやかに過ごす、そのはなやぎのひとときに一役買うようになったことが、この辻占が残ってきた理由だろう。

小さな紙片のしゃれたひとことが初笑いを誘う

 今はことわざやわかりやすい言葉に変化しているというが、姉のお土産の辻占は近世のしゃれた文句がよく、これまでに引いたものは後生大事に取っておいたのだが、その紙がどうしても見つからない。今も入れたはずの机の引き出しやお財布の中などを探っていたのだが、どこに雲隠れしたのか出てこない。これはまた、改めて新年に皆で引きなさいという意味だろうか。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

「考える人」から生まれた本

  • 春間豪太郎草原の国キルギスで勇者になった男

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき
  •  

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

若菜晃子

1968年神戸市生まれ。編集者。学習院大学文学部国文学科卒業後、山と溪谷社入社。『wandel』編集長、『山と溪谷』副編集長を経て独立。山や自然、旅に関する雑誌、書籍を編集、執筆。著書に『東京近郊ミニハイク』(小学館)、『東京周辺ヒルトップ散歩』(河出書房新社)、『徒歩旅行』(暮しの手帖社)、『地元菓子』『石井桃子のことば』(新潮社)、『東京甘味食堂』(本の雑誌社)、『街と山のあいだ』『旅の断片』(アノニマ・スタジオ)他。『mürren』編集・発行人。今春『東京甘味食堂』を講談社より文庫化。

連載一覧


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら