Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

安田菜津紀の写真日記

アルビルの救急病院に搬送されてきたアダムくん。この時は言葉を発することもままならなかった。(2017年1月)

 「道を開けて!」「早く点滴を!」。1月、イラク北部アルビルの救急病院には、緊迫した声が絶えず飛び交っていた。イラク第二の都市モスルをISから奪還する作戦が2016年10月に再燃して以来、“前線”からの緊急搬送が続いている。負傷した兵士たちの傍らで緊急処置を受けているのは皆、子どもたちだ。“戦争”が兵士たちだけの闘いではないことを突きつけられたようだった。
 病室の片隅で、力なく横たわる小さな男の子が目に留まった。アダムくん、6歳。故郷の街が解放され、祝日である元日に友人たちと遊んでいたところを被弾したのだという。
 7月、彼のその後を知るために、モスルを目指した。アバディ首相が“勝利”を宣言した後にも、西側の一角からは爆発や銃撃の音が響き続けていた。元はどんな建物だったのだろうか、原型を留めないコンクリートの塊が道脇を埋める。
 「ようこそ、ようこそ!」。満面の笑みで迎えてくれた父の陰から、はにかんだアダムくんが顔をのぞかせている。まだ砲弾の破片が体内に複数残されているものの、経過は順調だという。
 「あの日、アダムは3人の友人たちと遊んでいたんです。生き残ったのはこの子だけでした」。父であるクタイブさん(36)が当時を振り返る。「アダムが生き残ったのは……」。そこまで語ると一瞬、声をつまらせた。「この子が生き残ったのは、目の前に老人が立っていて、その陰にいたからなんです。彼の体は粉々になっていきました」。
 クタイブさんは音楽の教師、とりわけウードと呼ばれる伝統楽器を得意としていた。「ISの支配下では一切許されなかった」というその音を誇らしげに奏で、アダムくんもその傍らで聞き入る。彼らにとってこの時間が一つの「解放の象徴」だった。
 戦闘が終わった地にも尚、互いへの大きな不信感は残っているという。それでもこの音のように、人の心を少しずつつなげるものを見つけられるだろうか。彼らがこの街で生き抜く「これから」にも、シャッターを切りたい。

モスルの自宅にて。「また弾いて!」とアダムくん自らウードを父のところに持ってきた。
君とまた、あの場所へ―シリア難民の明日―

君とまた、あの場所へ―シリア難民の明日―

安田菜津紀

2016/04/22発売

シリアからの残酷な映像ばかりが注目される中、その陰に隠れて見過ごされている難民たちの日常を現地取材。彼らのささやかな声に耳を澄まし、「置き去りにされた悲しみ」に寄り添いながら、その苦悩と希望を撮り、綴って伝える渾身のルポ。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

8

2

(Fri)

今週のメルマガ

柴田元幸「亀のみぞ知る」、春間豪太郎「草原の国キルギスで勇者になった男の冒険」連載スタート! (No.779)

8月1日更新さあ、冒険をはじめよう! 春間豪太郎 8月1日更新四十五 科学技術と道義心 池田雅延 8月1日更新 […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

“Plain living, high thinking”(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

安田菜津紀

1987年神奈川県生まれ。Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル)所属フォトジャーナリスト。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。著書に『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』(日本写真企画)、他。上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。

連載一覧

対談・インタビュー一覧

イベント


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき