Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

安田菜津紀の写真日記

2016年8月7日、七夕の夜の部。祭の熱は最高潮に達しつつあった。

 七夕、と聞くと、多くの人がきっと、7月7日を思い浮かべるだろう。かつては私もそうだった。あの東日本大震災が起こるまでは。
 縁あって通うようになった岩手県陸前高田市では、旧暦の七夕、8月7日に「うごく七夕祭」を迎える。町内ごとにこしらえた見上げるほどの山車に囃子を乗せ、市街地を練り歩く華やかな一日だ。あの日の大津波は街を、命を、そして宝であったほとんどの山車をも飲み込んでいった。ほぼ全ての家々が流され、解散を余儀なくされた町会さえあった。それでも祭にもう一度人が集えるように、と残された力を持ち寄った人々の手で少しずつ息を吹き返してきたのだ。
 ひょんなことから、私自身も囃子の太鼓を教えてもらっていた。慣れないうちは5分も叩けば手の皮がはがれる。叩くほどに囃子の勢いは増し、思わずバチを手放してしまいそうになる。
 そんな私にベテランの叩き手がこんな言葉をかけてくれた。「どんなに手が痛くても、腕がしびれても、太鼓叩く力を絶対抜いちゃいけない。七夕に負けちゃあだめなんだ」。なんでかって? お盆にこの街に帰ってくる魂が、迷わないようにって叩くんだよ、と。
 8月7日、この日帰りくる魂たちは、土の下に埋まりつつある街の様子をどう見降ろすのだろうか。「あと1か月か」と、空を見上げる、7月7日。

今は更地となり、草木に覆われた市街地。かつての街の面影を重ね合わせながら歩くんだ、と祭組の人々は語る。
君とまた、あの場所へ―シリア難民の明日―

君とまた、あの場所へ―シリア難民の明日―

安田菜津紀

2016/04/22発売

シリアからの残酷な映像ばかりが注目される中、その陰に隠れて見過ごされている難民たちの日常を現地取材。彼らのささやかな声に耳を澄まし、「置き去りにされた悲しみ」に寄り添いながら、その苦悩と希望を撮り、綴って伝える渾身のルポ。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

7

12

(Thu)

今週のメルマガ

岡田利規作・演出の『NO THEATER』を観た! 惚れた! (No.776)

7月12日更新 Vol.10 学びの円環 ドミニク・チェン 7月10日更新 夢見るサルレーダー 松原始 7月9 […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

“Plain living, high thinking”(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

安田菜津紀

1987年神奈川県生まれ。Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル)所属フォトジャーナリスト。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。著書に『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』(日本写真企画)、他。上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。

連載一覧

対談・インタビュー一覧

イベント


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき