考える人

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

安田菜津紀の写真日記

悼む手(岩手県陸前高田市)

 10月31日、父の命日に発覚した事件のことを、あれからずっと考えている。神奈川県座間市の男性の自宅から9人の遺体が見つかり、容疑者はSNSを通じて「死にたい」と訴えていた女性にも声をかけていたという。

 今、15~39歳までの世代で一番多い死因が自殺とされている。生きづらさを訴えるTwitterなどへの書き込みも後を絶たない。ただ、たとえそれがSNSであったとしても、誰かに届いてほしいから言葉を発するのだ。

 私は誰かがネットに逃げ込む理由を、「誰にも相談できない」という見方だけに留めたくないと思っている。現実社会に頼れる人がいない場合もきっとある。同時に、親しい人が大切だからこそ、相談をすることで迷惑をかけたくない、とネットを頼ることもあるはずだ。必死にその人を支えようとしても、結局は命を絶つことを止められなかった、ご遺族や身近な人たちの無念を何度も目の当たりにしてきた。SNSにそうした書き込みをする人たち、あるいは周囲の人たちだけにこの問題を背負わせたくない。

 大学生のとき、何かしらの理由で親を亡くした大学生同士の交流に参加したことがある。その時改めて実感したのは、「亡くした」という一言の中にも、突然の事故だったのか、長い闘病生活だったのか、体験はそれぞれ違うということだ。その上、千差万別の受け止め方があり、決してその言葉だけをもってして“分かり合う”ことはできない。ただ、確信を持てたこともある。分かり合えないという前提に立ちながらも、“分かりたい”と努め続けてくれる人が目の前にいることが、人の心を救うんだ、と。

 私にもあった。この世界からきれいに消えてしまいたいと思うことが。その全てをさらけ出すことは難しい。けれどもその葛藤のたった一部でも、誰かが見つめていてくれるだけで心が軽くなることがある。求められているのは、「死にたい」と言わせない厳しさではなく、「死にたい」と安心して吐きだし、心を落ち着けてまた明日へと向かえる社会ではないだろうか。

 今、引っ越しを考えている友人たちに次々と声をかけ、自分の暮らしている街へと誘っている。勿論、今の街が気に入っていることもある。ただそんな徒歩圏内計画は、これまで命を絶っていった友人たちが残した声からの教訓でもあった。あの時、「死にたい」とメールをもらい、彼ら、彼女たちの元へと走って向かえる距離にいたらどうだったろうか…。今はもう会えない友人たちの顔を浮かべる度に、そんな後悔が尽きないからだ。

 あの事件から改めて問われている。誰かが立ち尽くしそうになったとき、「ときには立ち止まっていいんだよ」と声をかけられる社会であれるかどうか。どんなにSNSが広がる世の中になったとしても、手触りのある感覚で心がつながり合えているか。誰かを置き去りにしないために。

つながり合うための、手(ウガンダ)
君とまた、あの場所へ―シリア難民の明日―

君とまた、あの場所へ―シリア難民の明日―

安田菜津紀

2016/04/22発売

シリアからの残酷な映像ばかりが注目される中、その陰に隠れて見過ごされている難民たちの日常を現地取材。彼らのささやかな声に耳を澄まし、「置き去りにされた悲しみ」に寄り添いながら、その苦悩と希望を撮り、綴って伝える渾身のルポ。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

7

12

(Thu)

今週のメルマガ

岡田利規作・演出の『NO THEATER』を観た! 惚れた! (No.776)

7月12日更新 Vol.10 学びの円環 ドミニク・チェン 7月10日更新 夢見るサルレーダー 松原始 7月9 […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

Webでも考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

“Plain living, high thinking”(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

安田菜津紀

1987年神奈川県生まれ。Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル)所属フォトジャーナリスト。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。著書に『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』(日本写真企画)、他。上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。

連載一覧

対談・インタビュー一覧

イベント


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき