シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

河合隼雄物語賞・学芸賞

2021年6月3日 河合隼雄物語賞・学芸賞

第9回河合隼雄物語賞・学芸賞授賞作決定

著者: 考える人編集部

2021年6月2日、一般財団法人河合隼雄財団の主催(協力:新潮社)による「河合隼雄物語賞」「河合隼雄学芸賞」の第9回選考会が開催され、授賞作が決定しました。

第9回河合隼雄物語賞

寺地はるな『水を縫う』(2020年5月30日 刊行 集英社)

第9回河合隼雄物語賞は、寺地はるな『水を縫う』(2020年5月30日 刊行 集英社)に決まりました。選考委員のみなさん(小川洋子氏、後藤正治氏=五十音順)は、「裁縫の好きな男子高校生が、周囲の人々との触れ合いの中で、自分なりの生きるよすがを見つけていく。平凡な日常を書き起こしながら、読者をエンカレッジする小説である」という授賞理由をあげています。

寺地さんは受賞の報を受けて、「思いもよらないことで大変驚いておりますが、この小説は世の中にたくさんある偏見とかこうでなくてはならないと、皆が思い込んできたものに、一つひとつ疑問を投げかけてみようと思って書きましたので、大変うれしく思います」と受賞のことばを述べられました。

著者略歴

寺地 はるな(てらち はるな)
1977年佐賀県生まれ。大阪府在住。会社勤めと主婦業のかたわら小説を書き始め、2014年『ビオレタ』でポプラ社新人賞を受賞しデビュー。2020年『夜が暗いとはかぎらない』が第33回山本周五郎賞候補作に、2021年『水を縫う』が第42回吉川英治文学新人賞候補作にノミネートされた。2021年「咲くやこの花賞」(文芸その他部門)を受賞。『大人は泣かないと思っていた』『今日のハチミツ、あしたの私』『ほたるいしマジカルランド』『声の在りか』など著書多数。

第9回河合隼雄学芸賞

石山徳子『「犠牲区域」のアメリカ 核開発と先住民族』(2020年9月24日刊行 岩波書店)

第9回河合隼雄学芸賞は、石山徳子『「犠牲区域」のアメリカ 核開発と先住民族』(2020年9月24日刊行 岩波書店)に決まりました。選考委員のみなさん(岩宮恵子氏、中沢新一氏、山極壽一氏、鷲田清一氏=五十音順)は、「核開発に潜むアメリカのセトラーコロニアリズム(定住型植民地主義)を、先住民の犠牲という観点から描いた意欲作。ここにえぐり出されたアメリカの負の歴史は、わたしたち日本人が原発事故や放射能汚染・核廃棄物処理やエネルギー政策の未来を考えるにあたり、格好の映し鏡になるであろう」という授賞理由をあげています。

石山さんは受賞の報を受けて、「この度は、大変栄誉ある素晴らしい賞を誠にありがとうございます。思いがけないことで驚き、またみのひきしまるおもいでおります。この本は、北米各地でこれまで歩いてきた、様々な場所で出会った方の、物語の力強さ、やさしさに支えられながら書くことができました。今日の受賞を励みに、忘れられてきた、もしくは、見えなくされてきた物語を掘り起こすような仕事をこれからも地道に続いてまいりたいと思います。本当にありがとうございました」と受賞のことばを述べられました。

著者略歴

石山徳子(いしやま のりこ)
1971年東京都生まれ。日本女子大学文学部英文学科卒業。ラトガース大学大学院地理学研究科博士課程修了(Ph.D. 地理学)。専門は人文・政治地理学、地域研究(アメリカ合衆国)。明治大学政治経済学部、大学院教養デザイン研究科教授。著書に『米国先住民族と核廃棄物――環境正義をめぐる闘争』(明石書店、2004)、『震災・核災害の時代と歴史学』(共著・青木書店、2012)、『「ヘイト」の時代のアメリカ史――人種・民族・国籍を考える』(共著・彩流社、2017)などがある。

授賞作には正賞記念品及び副賞として 100 万円が贈られます。 また、受賞者の言葉と選評は、7月7日発売の「新潮」に掲載されます。

河合隼雄物語賞・学芸賞についての詳細は、一般財団法人・河合隼雄財団のHPをご覧ください。

関連サイト

歓待と無関心のあいだ(小川さやか)

https://kangaeruhito.jp/article/2409

この記事をシェアする

関連するオススメの記事

MAIL MAGAZINE

「考える人」から生まれた本

  • 春間豪太郎草原の国キルギスで勇者になった男

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき
  •  

考える人とはとは

 はじめまして。2021年2月1日よりウェブマガジン「考える人」の編集長をつとめることになりました、金寿煥と申します。いつもサイトにお立ち寄りいただきありがとうございます。
「考える人」との縁は、2002年の雑誌創刊まで遡ります。その前年、入社以来所属していた写真週刊誌が休刊となり、社内における進路があやふやとなっていた私は、2002年1月に部署異動を命じられ、創刊スタッフとして「考える人」の編集に携わることになりました。とはいえ、まだまだ駆け出しの入社3年目。「考える」どころか、右も左もわかりません。慌ただしく立ち働く諸先輩方の邪魔にならぬよう、ただただ気配を殺していました。
どうして自分が「考える人」なんだろう――。
手持ち無沙汰であった以上に、居心地の悪さを感じたのは、「考える人」というその“屋号”です。口はばったいというか、柄じゃないというか。どう見ても「1勝9敗」で名前負け。そんな自分にはたして何ができるというのだろうか――手を動かす前に、そんなことばかり考えていたように記憶しています。
それから19年が経ち、何の因果か編集長に就任。それなりに経験を積んだとはいえ、まだまだ「考える人」という四文字に重みを感じる自分がいます。
それだけ大きな“屋号”なのでしょう。この19年でどれだけ時代が変化しても、創刊時に標榜した「"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)」という編集理念は色褪せないどころか、ますますその必要性を増しているように感じています。相手にとって不足なし。胸を借りるつもりで、その任にあたりたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

「考える人」編集長
金寿煥

著者プロフィール

考える人編集部
考える人編集部

2002年7月創刊。“シンプルな暮らし、自分の頭で考える力”をモットーに、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら