Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

ブレイディみかこ×金原瑞人 「他人の靴」で常識を飛び越えろ!

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

ブレイディみかこ

2019/6/21発売

金原
 イギリスには日本と違って、シティズンシップ・エデュケーションやライフスキルズという授業があるというエピソードが面白かったです。
 この二つは日本の中学校教育の中ではほとんど触れられていない部分です。そもそもシティズンシップ・エデュケーションを訳すと「市民教育」ですか。

ブレイディ
 ライフスキルズという科目があるんです。その中でシティズンシップ・エデュケーションとか、セクシャル・エデュケーションなどに分かれている。シティズンシップ・エデュケーションは、日本で言うと一番近いのは公民なのかな。政治や議会のあり方、法についても学びます。でも、日本の公民だと「議会には衆議院と参議院があって、議員定数が何人」という”知識”を正確に記憶させる。
 このシティズンシップ・エデュケーションは違います。今のシステムをまず説明する。その上で、今のシステムに反対する人もいることを伝え、それについてどう思うかを話し合わせたり自分の意見を書かせたりします。
 最近うちの息子が出された問題では、「架空の某教授が『今イギリスの学校ではレイシズムについて教え過ぎだ』と言っている。君はこの説についてどう思うか。この教授は正しいか、間違っているかを最初に書いて、その理由を述べなさい」というのがありました。これを12歳でやる。

金原
 すごいですね。

ブレイディ
 『女たちのテロル』の中にエミリー・デイヴィソンという女性が出てきます。イギリスでの女性参政権運動の中でも過激な活動をしていた「サフラジェット」のメンバーの一人です。この女性参政権運動についても、息子の授業で取り上げられていました。第一次世界大戦で軍需産業が盛んになり、女性も働き手として駆り出された。でも戦争が終わったからといって元の召使のような仕事に戻れといったら不満が爆発するだろうから、女性にも参政権を与えたという説。
 もう一つは、先に説明した「サフラジェット」は女性の参政権獲得に一役買ったという説もあるが、あまりに暴力的なテロに出たので、むしろ後退させた面もあるという意見も出ている。あなたは、女性に参政権をもたらしたのは第一次世界大戦とサフラジェットの運動のどちらだったと思うか、それについて論じなさいという試験問題が出ました。それを見たときに、私は12歳の自分の子どもが学校で習っているようなことを本に書いているのかと少し複雑な思いにもなりましたが……。
 そのシティズンシップ・エデュケーションで今息子は「チャリティのプロジェクトを考えて、みんなでどうやってお金を生み出すか」という課題に取り組んでいます。たとえば家でケーキを焼いてきて、それを放課後に売って作った資金からみんなのバス代を出して、老人ホームにジャズバンドとして演奏をしに行くとか、そういうプロジェクトを作らせて運営するのがシティズンシップ・エデュケーションの一環なのです。そういうことを実際に”地べた”でさせるんですよ。教えて覚えさせるだけではないんです。

金原
 しっかり考えさせて、かつそれを実践の場で形にさせるんですね。

ブレイディ
 だから何かあったらイギリスでは、政府より先にすぐ民間の人たちがボランティアとして働き出したり、支援物資がたくさん集まったりする。学校教育でボランティア精神を刷り込まれているからでしょうね。

金原
 そういう教育って大きいですよね。日本は全然やらないじゃないですか。そこは見習わないと。

ブレイディ
 日本でも慈善活動をしている人たちはいらっしゃるけど、やっている本人にも周りの目にも、なんだか特別なことのように映っていますよね。

金原
 うまく根づいていないんですね。イギリスではそういう気風というか、特に底辺のところでみんなが助け合うという風潮はいつごろできたんですか。そんなに昔からはなかったような気がしますが。

ブレイディ
 先ほどお話ししたエミリー・デイヴィソンも、女性の運動だけではなくて、ふだんから募金を集めたり子どもたちを助けたりしていました。だから連綿と昔からあると思います。イギリスの場合は貧困問題がすごくて、19世紀のディケンズのときから慈善の精神はある。それがどこで生まれたかは私もわかりませんが、十年、二十年でできたものではないでしょう。何世紀にもわたって貧しい人は助けなきゃいけないという精神が社会に根付いているし、貧困は人権問題だという意識も高い。

金原瑞人氏
ブレイディみかこ氏

金原
 なるほど。シティズンシップ・エデュケーションのエピソードで面白かったのは、「シンパシー(sympathy)」と「エンパシー(empathy)」の違い。辞書よりもはるかにわかりやすい説明でした。英和辞典を引くと、シンパシーは「共感」、エンパシーは「感情移入」と出てきますが……。

ブレイディ
 違います。シンパシーとエンパシーの違いというのは、外国人が英語を習うときに引っかかりやすいポイントです。シンパシーは「かわいそうな立場の人や問題を抱えた人、自分と似たような意見を持っている人々に対して人間が抱く感情」、つまり「感情的状態」ですが、エンパシーは「自分がその人の立場だったらどうだろうと想像することによって誰かの感情や経験を分かち合う能力」、つまり「知的作業であり、それができる能力」。「アビリティ(能力)」とはっきり英英辞典に書いてある。

金原
 ある意味、イマジネーションを使ったアクティブな行動なのかなあ。

ブレイディ
 イマジネーションを使った知的作業でもありますよね。シンパシーは感情の動きなので、出ないときは出ないですが、エンパシーは能力なのでトレーニング次第で向上するし、なくならないのです。

金原
 やっぱりそれは大きい。今の日本でも「ちょっとでいいから、まず想像してごらん」といいたくなることが多いですものね。その気持ちがわからないのかなということがよくあるので、ここは印象的です。

ブレイディ
 「シンパシーとエンパシーの違いについて答えよ」という問いに対する、うちの息子の答えは「to put yourself in someone’s shoes」(「他人の立場に立ってみる」という英語の定型表現)。そうか、そうだよなあ、もうこれ以上、出しも引きもできないぐらいパーフェクトな答えだよなあと、私が逆にすごく感心させられました。まさに自分を誰かの靴に入れてみることですよね。
 息子が「そりゃあね、履きたい靴もある。臭いのもあるし、ダサいのもあるし、サイズが合わないかもしれないけど、とりあえず履いてみることがエンパシーなんでしょう」と言っていました。

金原
 ああ、そうですねえ。シンパシーとエンパシーは大学の問題に使おうかなと思っているぐらいおもしろいです。

ブレイディ
 先日、栗原康さんと対談したとき、最後の質疑応答で、観客の方から「エンパシー」の質問が出ました。「他人の靴を履く」と言っても履けない靴もありますが、どうやったら履けるんでしょうねって。確かにそこがポイントですよね。その一頑張りをさせるものが、これからの世界に求められている。その「頑張り」っていったい何なのか、どうすればそれはできるのか。これは私もこれから考えていくし、私自身の宿題です。

(続きは11/8(金)掲載)

撮影 筒口直弘(新潮社写真部)

関連サイト

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』立ち読みはこちらから

https://www.shinchosha.co.jp/ywbg/

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

ブレイディみかこ

2019/6/21発売

女たちのテロル

ブレイディみかこ

2019/5/31発売

ブレイディみかこ

ブレイディみかこ

1965年、福岡県福岡市生まれ。保育士・ライター・コラムニスト。96年からイギリス・ブライトン在住。著書に、『ヨーロッパ・コーリング――地べたからのポリティカル・レポート』(岩波書店)、『いまモリッシーを聴くということ』(Pヴァイン)、『花の命はノー・フューチャー DELUXE EDITION』(ちくま文庫)などがある。
金原瑞人

金原瑞人

かねはら・みずひと 1954(昭和29)年岡山県生れ。翻訳家、英文学者。法政大学社会学部教授。エッセイ『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』『サリンジャーに、マティーニを教わった』のほか、ヘミングウェイ『武器よさらば』、モーム『月と六ペンス』、カート・ヴォネガット『国のない男』、アレックス・シアラー『青空のむこう』など訳書多数。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

9

20

(Fri)

今週のメルマガ

初公開! 天童荒太さんの創作の舞台裏(No.785)

  2018.9.20配信 HTMLメールを表示出来ない方は こちら 9月20日更新第2回 徴兵令に […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

ブレイディみかこ
ブレイディみかこ
1965年、福岡県福岡市生まれ。保育士・ライター・コラムニスト。96年からイギリス・ブライトン在住。著書に、『ヨーロッパ・コーリング――地べたからのポリティカル・レポート』(岩波書店)、『いまモリッシーを聴くということ』(Pヴァイン)、『花の命はノー・フューチャー DELUXE EDITION』(ちくま文庫)などがある。

対談・インタビュー一覧

金原瑞人
金原瑞人

かねはら・みずひと 1954(昭和29)年岡山県生れ。翻訳家、英文学者。法政大学社会学部教授。エッセイ『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』『サリンジャーに、マティーニを教わった』のほか、ヘミングウェイ『武器よさらば』、モーム『月と六ペンス』、カート・ヴォネガット『国のない男』、アレックス・シアラー『青空のむこう』など訳書多数。

対談・インタビュー一覧


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき