シリア北東部ハサカ県、ISとの戦闘で荒廃してしまった村の一つ。ここはかつて、学校として使われていた。


 4月14日、アメリカ、フランス、イギリスがシリアへの空爆に踏み切った。あの日からずっと、言葉にならない感情が心の中にうずまいている。その一年前にもアメリカは、化学兵器使用の疑いで、調査結果を待たずミサイル攻撃に踏み切っている。今回の攻撃も結局、化学兵器をシリア政府が使用した確固とした証拠がないまま実行に及んだとCNNが報じている。今のシリアの状況を傍観するべきだ、と言いたいのではない。ただ“本気で”シリアの内戦を解決したいのであれば、これまでも繰り返されてきた虐殺や人道支援を妨げるような砲弾の雨を、なぜ見過ごしてきたのだろうか。そしてトランプ政権になってから増え続けている有志連合軍の空爆による市民の犠牲は、顧みられることがあるのだろうか。“こうするべきだ”という答えが見つからないからこそ、もどかしさが募る。

 3月、およそ8年ぶりにシリアの地を訪れた。クルドの人々が実質統制しているシリア北東部、ロジャワと呼ばれる地域だ。取材に協力してくれているシリア人の友人は大の日本好きで、「次は盆栽をお土産に買ってきて!」と言われたときには思わず笑ってしまった。そんな彼から切実な相談を受けたことがある。「自分だけのことを考えれば、僕はずっとここに残るつもりだった。だけど子どもが生まれ、この子の未来を考えたとき、もっと将来を保証された地に行くべきではないかと思うんだ。大好きな日本にはシリア人を受け入れる留学生の制度があるんだろう?」と彼は目を輝かせる。そんな彼の期待を前に、複雑な気持ちがわきあがる。堂々と「おいでよ」と言えない自分がいた。

 同じ3月、難民認定を求めた4人のシリア人の訴えを、東京地裁は退けた。理由は「逮捕状や告訴状など、迫害の“客観的な証拠がない”」ということだった。シリアでは内戦前から、逮捕状や告訴状などない不当な拘束や逮捕が横行していると指摘されてきた。戦闘が激化し、社会がより不安定となった今では、ますますそのような事態は増えていると考えるのが妥当ではないだろうか。そんな闇の中に葬られがちな弾圧こそ、難民となった人々が逃れてきたものではないのだろうか。

 日本に逃れてきたあるシリア人の友人は、外国人に向けられる不審な目、時にはイスラムに対するあからさまな差別にさらされ、耐えかねて第三国へと再び逃れていった。安全を求めたどり着いた日本に、彼らの思う“平和”はなかったのではないだろうか。

 「シリアの現状に、何もできないのでは」と無力感を抱える人々の声を耳にすることがある。たとえ現地に赴けなかったとしても、私たちにできることは足元にある。傷つき、逃れてきた人々が、再び安心して日常を取り戻せる場所を築いていくことだ。

ISとの戦闘が終息した村に戻ってきた少女たち。人々が少しずつ、日常を取り戻そうとしている。
 

 

安田菜津紀 写真展開催

安田 菜津紀 写真展「The Voice of Life 死と、生と」

オリンパスギャラリー大阪
期間:2018年5月7日(月)~5月17日(木)
午前10:00~午後6:00 最終日 午後3:00 日曜・祝日休館 入場無料

詳細はこちら>>