Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

分け入っても分け入っても日本語

 感情を表す形容詞(「~い」の形で終わる活用語)はたくさんありますが、それらを列挙してみると、興味深いことに気づきます。
 「いまいましい・いらだたしい・恐ろしい・悲しい・悔しい・怖い・寂しい・せつない・つまらない・つらい・憎い・ねたましい・恥ずかしい・空しい・わびしい……」
 など、マイナスの感情を表すことばが多いのです。
 「そうとも限るまい、プラスの感情を表す形容詞だって多いだろう」と思って探してみても、すぐに思いつくものは「うれしい・面白い・楽しい」ぐらいのものです。このほか、やや硬いことばとして「ありがたい」(「ありがとう」ならよく使う)といったところでしょうか。圧倒的に少ないのです。人は、プラスの感情より、マイナスの感情を持ったときのほうが、ことばを発する欲求が強くなるようです。
 「おかしい」はどうでしょう。「ばかな話を聞いて、おかしくて笑った」という場合、プラスの感情なのかどうか。対象を見下す感じもあるので、保留としましょう。
 これらのことを踏まえた上で、友だちと「プラス・マイナスの感情形容詞をお互いに言い合うゲーム」をすると、確実に勝つことができます(変なゲームですが)。自分がマイナスの感情形容詞を言う側を選べばいいわけですね。
 このゲームには注意点があります。「美しい・うまい・すばらしい・喜ばしい」などの形容詞は含めないということです。これらもプラスイメージの語ですが、自分の感情ではなく、ものごとの評価を表すもので、「評価性形容詞」と言われます。
 数少ないプラスの感情形容詞ですが、それぞれの語源もはっきりしません。
「うれしい」は、「心」の意味を表す「うら」と関係があると言われますが、心がどういう状態だというのか、曖昧です。何らかのつながりはあるのでしょうが。
 「楽しい」は、「手伸(たの)し」からで、手を伸ばして喜ぶ様子からと言われます。だとすると、今日の「()す・伸ばす・伸べる」などの元になった「()」という要素があったことになります。ただ、それが形容詞語尾の「し」と結びつくのかどうかは分かりません。
 「面白い」は、とりわけ奇妙なことばです。「顔面が白い」ことが、どうしてプラスの感情の「面白い」につながるのか。
 「面白い」には有名な語源説があります。9世紀の「古語拾遺」に載っている、(あまの)岩戸(いわと)の物語がそれです。
 (あま)(てらす)大神(おおみかみ)が岩戸に隠れ、世界が暗くなった時、神々が岩戸の前で歌舞音曲を催しました。無事に天照大神を岩戸から誘い出すと、天が晴れてお互いの顔が見え、〈(おも)、皆()()し〉という状態になりました。一同は〈手を伸べて歌舞〉しました。
 この時、神々は〈あな面白〔=ああ面白い〕、あな楽し〔=ああ楽しい〕〉と唱えました。つまり、日が当たって顔がはっきりと見えたので「面白し」(「しろし」には「はっきりしている」の意味があります)、手を伸ばして踊ったので「楽し」ということばができた、という話になっています。
 これは、ギャグのつもりでこじつけた説とも考えられます。でも、意外に、後世の語源研究では重視されています。先に紹介した「楽しい」が「手伸し」から来たという説などは、まさに「古語拾遺」そのままです。
 大野晋は『日本語の年輪』で「面白い」の語源について触れています。その説明も、「古語拾遺」の変形です。
〈「おもしろ」は面白(おもしろ)が原義で、目の前がパッと明るくなる感じをいったのである。それで、月の白く照るのをおもしろ(原文傍点あり)と言い、林をぬけて、眼前がパッと開けて明るい光がまぶしい時にもおもしろかった〉
 大野の言うとおり、「面白い」は、もともと、ものや景色の様子をプラス評価する形容詞でした。「万葉集」では、縫った袋、夜空を渡る月、旅先の山、野原、人の様子などに「面白し」が使われています。今でも「この庭は面白い」と言います。このようなプラスの評価性形容詞が、後にプラスの感情も表すようになったのです。
 大野説は、なかなか説得力があります。ただ、〈目の前がパッと明るくなる〉のであれば、「面白い」ではなくて「面前(おもまえ?)白い」とでもなるはずです。「前」という要素はどこからやって来たのでしょう。
 その不自然さを解決しようとしたのが、堀井(ほりい)(れい)()()『ことばの由来』の説明です。
 〈オモは面であり、したがってオモシロイはオモテ(表面)が明るくなることである〉
 なるほど、「(おも)」と「(おもて)」は同語源です。「水の(おも)」といえば「水の表面」ということです。「おも」は「顔」ではなく「表面」だと考えれば、つじつまは合います。
 ただ、古来、「おも~し」という形の形容詞は、いずれも「顔」に関係しています。「(おも)()たし」(面目が立つ気持ちだ)、「(おも)にくし」(顔を見るだけでもにくらしい)、「(おも)はゆし」(相手の顔がまぶしく感じるほど恥ずかしい)など。この中で「面白し」の「おも」だけを「表面」と考えるのは場当たり的とも言えます。
 私としては、「面白い」の「面」は「顔」、「白い」は「パッと明るくなる」と解して差し支えないと考えます。つまり、きれいな景色などを見て、顔がぱっと輝く感じがする、ということです。
 現代語では、「顔を輝かせる」と言えば「うれしさを顔に表す」という意味です。また、最近の若者の俗語ですが、期待する気持ちを表すとき、「ワクテカ」(わくわくして顔がてかてかする)とも言います。古代の人が、自分の顔が輝くほどいいものの様子を「面白し」と表現したと考えても、不自然ではないでしょう。

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

8

2

(Fri)

今週のメルマガ

柴田元幸「亀のみぞ知る」、春間豪太郎「草原の国キルギスで勇者になった男の冒険」連載スタート! (No.779)

8月1日更新さあ、冒険をはじめよう! 春間豪太郎 8月1日更新四十五 科学技術と道義心 池田雅延 8月1日更新 […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

“Plain living, high thinking”(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

飯間浩明
飯間浩明

国語辞典編纂者。1967(昭和42)年、香川県生れ。早稲田大学第一文学部卒。同大学院博士課程単位取得。『三省堂国語辞典』編集委員。新聞・雑誌・書籍・インターネット・街の中など、あらゆる所から現代語の用例を採集する日々を送る。著書に『辞書を編む』『辞書に載る言葉はどこから探してくるのか? ワードハンティングの現場から』『不採用語辞典』『辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術』『三省堂国語辞典のひみつ―辞書を編む現場から―』など。

連載一覧


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき