Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

山と食欲と私 日々野鮎美の山歩き日誌

2019年6月13日 山と食欲と私 日々野鮎美の山歩き日誌

山頂でのご飯、下山して甘いもの 汗を流すなら温泉!
いいとこどりの高尾山デビュー

高尾山(東京都)

著者: 日々野鮎美 イラスト・監修 信濃川日出雄

みなさま、こんにちは!
日々野鮎美(27歳 会社員)です。

わたくし、”山ガール”ならぬ”単独登山女子”なんて名乗っていますが、要するに人見知りです……(?!)。
(私の詳しいプロフィールをもっと知りたい方はこちらを→リンク

普段は会社員、週末になると山歩きばかりの生活を送っている私が、登山を始めてみたい人向けにアテンドするならこの山! ……という個人的にお気に入りのお山をご紹介します。

さて、初回のお山は……、コミックス3巻27~29話で掲載された高尾山!
詳しくは、コミックスまたはくらげバンチの『山と食欲と私』をチェックしてみてくださいね。

高尾山は所要タイム、整備された歩きやすい登山道や見どころが多く、首都圏で登山デビューするには最適な山。本編では会社の人たちで一号路を歩きましたが、今回は稲荷山コースで高尾の山を堪能した山行をレポします!

稲荷山コースで山歩きを堪能!

高尾山への電車でのアクセスは、京王線「高尾山口」駅で下車。高尾駅が手前にありますが、次の駅で下車です。

さて、駅を出たら高尾山、高尾山薬王院方面へ向かいます。ゆっくりスタートで10時前に高尾山口駅に到着です。

高尾山口駅から徒歩10分程度いくと、ケーブルカーの清滝駅があるので、その広場でまずは準備運動。それぞれの登山口がその付近にあるので看板を見て探してみましょう。

今回の稲荷山コースは、登山口に入るとすぐに急登の階段が続きますが、そのあとはゆるゆる歩けるコースになります。

ひたすら続く階段。西側に向いているのか、午前はやや薄暗い
階段を抜けると、なだらかな稜線が続く
往路でもアップダウンがあり、下りも多い

稲荷山コースは緩やかな稜線歩きができるところがいいところ。比較的ほかのコースに比べて人が少ないのも嬉しいですね。

単独は気軽ですが、気のおけない友人や社内でもう少しコミュニケーションをとりたい人と行くのもよいと思います。

普段の生活圏内で話すおしゃべりと違って、なんともない話もできるし景色や足元の発見で会話が弾むので、レストランやカフェで向き合って会話するよりかは気軽ですよ。

山頂までのエクササイズ!?
階段を登りきるとそこは……

ひたすら歩いて、山頂へ。途中、腰を下ろせる休憩所もありますが、こまめに水分補給をして、無理のないペースで歩きます。後半、階段が続きますが、そこを越えれば山頂です。

山頂へ続く階段の手前に休憩スペースがある

山頂へ到着!

山頂は広場になっており、春はお花見、秋は紅葉見学で賑わいます。西の空には富士山や丹沢まで見渡せます。

右は枝で見えないが富士山、大室山や丹沢の大山まで見渡せる

肝心の食欲は高尾山定番のお蕎麦で満たす!

高尾では山菜やとろろ蕎麦が人気です。この味わいは自炊ではなくやっぱり食事処で味わいたい~~! 山での自炊にチャレンジするのもいいですが、山小屋や山頂での食事処も登山の醍醐味のひとつです!

たっぷりのとろろ。つゆも飲み干したい!

11:30と早めのお昼。しかしさすがに、蕎麦だけでは食欲がまだ満たされない……。

下山してしばらくするとありました。胡麻団子!! 胡麻が餅に練りこんである素朴な味わい。タレはみたらしでやさしい風味です。軽く炙られていて温かくモチモチ感が楽しめます。

高尾山は体を動かして、景色も楽しめ、食も満喫できる。都心から近く、観光を兼ねて楽しめます。

高尾山口駅のすぐそばには、2015年にできたばかりの日帰り温泉「極楽湯」もあり、汗を流して帰ることも可能です。首都圏で山登りを始めるなら、高尾山が正解ですよ~。首都圏の人には電車で行きやすいお山のひとつ。また、東京に観光の際にもおすすめです!

次回は、鎌倉アルプスを計画しています。
今から何を食べようか妄想しております!

文・構成 井上綾乃

関連サイト

高尾山インフォ

https://www.takaotozan.co.jp/

『山と食欲と私』好評連載中! くらげバンチ

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

9

20

(Fri)

今週のメルマガ

初公開! 天童荒太さんの創作の舞台裏(No.785)

  2018.9.20配信 HTMLメールを表示出来ない方は こちら 9月20日更新第2回 徴兵令に […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

日々野鮎美

ひびの・あゆみ 27歳、会社員。漫画『山と食欲と私』の主人公。「山ガール」と呼ばれたくない自称「単独登山女子」。美味しい食材をリュックにつめて、今日も一人山を登ります(たまには友人や同僚と登ることもあるよ)。

イラスト・監修 信濃川日出雄

しなのがわ・ひでお 新潟県出身。北海道在住。2007年のデビュー以来、ジャンルを問わず多岐にわたって執筆し、『山と食欲と私』が累計100万部を突破、大人気シリーズとなる。現在もくらげバンチで同作を連載中。

連載一覧


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき