シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

「食べる葦」一覧

食べる葦
  • 世の中のうごき
  • たべる
  • ルポ

断崖絶壁バーミヤンのナン

 アフガニスタンの首都カブールからバーミヤン石仏に行く途中、運転手のアトム君が道を間違えた。幹線道路から西に入る谷を、一本手前の谷で曲がってしまったらしい。  ……

食べる葦

ベラルーシのリンゴ

 女優の岸惠子さんのエッセイ「ベラルーシの林檎」に、面白い場面が出てくる。ポーランドに買い出しに来た旧ソ連の老女が、帰りの列車の中でリンゴを食べるシーンだ。  ……

食べる葦

砂漠の中のクスクス

 クスクスというのは「肉煮込み汁ご飯」といったところか。サハラ周縁地域でよく食べられている家庭料理だ。  小麦やヒエ、キビなどを粗く挽いて蒸す。それを皿に盛り、……

食べる葦

インジェラは辛くてつらい

 インジェラと初めて出会ったのは1984年だ。ダラッと皿一杯に広がった薄パン。灰色をしていて、表面にはブツブツ小さな穴が開いている。なんだこれ、まるで雑巾じゃないか……

食べる葦
  • 世の中のうごき
  • エッセイ

スパゲッティマカロニ豆ライス!

 カイロに駐在していたころ、昼飯でよく食べたのは「コシャリ」だった。  スパゲッティやらマカロニやらライスやら豆やらを混ぜ合せ、トマト味の甘酸っぱいソースをかけ……

食べる葦

モロヘイヤ・スープはウサギに限る

 モロヘイヤは、シソの葉のような形の緑色の葉をつける野菜で、ナイル川の沿岸で栽培されている。エジプトでもっとも人気のある緑色野菜である。  葉っぱを食べるのだが……

食べる葦

ブドウの葉ご飯と王様

 ブドウの葉でご飯を包んだ「ドルマ」。ギリシャでは一般的な伝統料理だ。そのドルマに、なんと中東のヨルダンで出会った。  直径1センチ、長さ5センチほどの筒型の一口……

食べる葦

ガーナのお餅は最高の味!

 西アフリカには「フーフー」という食べ物がある。ナイジェリアやベナン、トーゴなどのギニア湾沿岸地方でよく食べられている。  キャッサバという根茎を砕いて粉にし、……

食べる葦

エクソダスと血詰めソーセージ

 「ブルボス」というのは、南アフリカ名物の大型の粗挽きソーセージのことだ。初期オランダ系入植者がつくりだした。太さ3センチ、長さは50センチもあって、ドデンととぐ……

食べる葦
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • ルポ

昼食はパパイヤだけです。

 無政府状態のソマリアだが、とにかくホテルはあった。「サハフィール」という名前だった。2003年、ソマリアの首都モガディシオに入ったときのことだ。  武装した護衛団……

食べる葦
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • ルポ

カラシニコフ氏の冷凍ピロシキ

 カラシニコフ自動小銃は世界中に2億丁あるといわれる。世界でもっとも大量に出回っている銃だ。その開発者、ミハイル・カラシニコフ氏は、ロシア・ウラル地方の都市イジ……

食べる葦
  • たべる
  • 世の中のうごき
  • エッセイ

羊ひっくり返しご飯

 1993年、中東和平を話し合いで達成しようという合意が米国の仲介で成立し、調印式が米ホワイトハウスで行われた。中庭に特設された壇上で、イスラエル・ラビン首相とPLO……

食べる葦
  • たべる
  • 世の中のうごき
  • 思い出すこと
  • エッセイ

銃撃・略奪・チグリス川の鯉

 2003年3月のイラク戦争で、私が泊まったバグダッドの宿は「サフィール」という小さなホテルだった。サフィールは英語でいえばアンバサダー、大使という意味だ。アンバサ……

食べる葦
  • 思い出すこと
  • たべる
  • 世の中のうごき
  • エッセイ

世界一うまい羊肉

 アラブ世界で「肉」といえば、それはヒツジ肉である。  豚肉はイスラム教でタブーとされていて、食べることはおろか、触ることも許されない。私が住んでいたエジプトで……

MAIL MAGAZINE

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹


ランキング

「考える人」から生まれた本

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら