山の頂上にある子どもたちの家へ。薪や水の入った容器を運びながらも、足早に登っていく子どもたちの姿はたくましい。


 畑の間を潜り抜けるような赤土の道は至るところがへこみ、車は激しく揺れながら奥地へと進んでいく。両側に生い茂る少し背丈の低い木々は、よく見ると黄色いふっくらとした実をつけている。12月、村々はカカオの収穫の時期を迎えていた。

 2018年、新しい年を西アフリカ、ガーナで迎えた。児童労働問題に取り組む認定NPO法人ACEが活動20周年を迎えるにあたり、これまで出会ってきた子どもたちの変化、“CHANGE”を伝える本を作るということで、その撮影で関わらせて頂くことになったのだ。活動地であるガーナの農村で、年末年始を過ごさせてもらった。

 日本が最も多くのカカオを輸入しているのが、ここガーナだ。けれども私は、日々美味しく頬張るチョコレートの裏に、人々の計り知れない苦悩が積み重なっていることに対しては無知だった。このカカオ畑で厳しい労働を経てきた子どもたちの多くが、チョコレートを口にしたことさえなかったのだ。

 今回特に触れた二つの問題がある。一つは現場での問題だ。例えば知識が乏しいために生産性が上がらないことがある。生産性が上がらなければ結局は人件費を抑えるしかなく、結果、家計を支える労働力として子どもたちまでが駆り出されてしまうことになる。農家さんたちへの研修を重ね、畑の管理や収穫方法などの知識を増やし、収入を増やすことが不可欠だった。加えてなぜ児童労働を防ぐ必要があり、子どもたちが学校に行く必要があるのかを村の人々や農家さんたちに根気強く共有する。

 そして二つ目は、買う側の意識の問題だ。チョコレートを作る企業の中には、フェアトレードなど、働き手の環境や収入に配慮した取引を経てのカカオを積極的に使っているところもある。そして何より、買う側である私たちの意識が問われる。働く人々や環境に配慮されたチョコレートを私たちが積極的に選べば、企業の意識も変わっていく。そんな消費行動もまずは、カカオ畑での現状や、解決のための動きを知ることから始めなければ変わらないはずだ。

 ちなみに“CHANGE”の一端を紹介すると、子どもたちが学校に通うことに積極的ではなかった親御さんが、彼らの生き生きとした表情を見て必要性を感じ始めたり、人身売買で自身の元に送り込まれてきた子どもを、働かせずに学校に行かせた農家さんがいたり、人身売買から救出され、初めての学校を小学校5年生から編入しても、必死で勉強についていき、中学卒業を間近に控えている少女がいたりと、様々な変化を感じることができる。

 そんな彼ら、彼女らを応援する気持ちを写真に込めて、近くACEの皆さんと共に書籍にまとめる予定だ。一人一人の生きてきた軌跡に、写真で、言葉で、一人でも多くの方に触れて頂ければ嬉しい。

カカオの木。幹や枝の至るところから果実が実る不思議な植物だ。