Webマガジン「考える人」

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

山と食欲と私 日々野鮎美の山歩き日誌

2019年11月6日 山と食欲と私 日々野鮎美の山歩き日誌

北アルプスデビューは燕岳でスタート!

燕岳(長野県・岐阜県・富山県・新潟県)

著者: 日々野鮎美 イラスト・監修 信濃川日出雄

みなさま、こんにちは!
日々野鮎美(27歳 会社員)です。

わたくし、”山ガール”ならぬ”単独登山女子”なんて名乗っていますが、要するに人見知りです……(?!)。
(私の詳しいプロフィールをもっと知りたい方はこちらを→リンク

普段は会社員、週末になると山歩きばかりの生活を送っている私が、登山を始めてみたい人向けにアテンドするならこの山! ……という個人的にお気に入りのお山をご紹介します。

今回のお山は……北アルプスは「燕岳(つばくろだけ)」です!

標高はズバリ、2,763m! 高いですね。スタートは中房(なかぶさ)温泉からの標高差は上りで約1,300mもありますから、なかなか頑張らないといけない感じです。

日本でアルプスと名のつくエリアは、本州の中部地方に集まる山脈で、南アルプス、中央アルプス、北アルプスの3つ。

今回の舞台、北アルプスは、長野県、岐阜県、富山県、新潟県にわたる大きな飛騨山脈のエリアになります。2,500mを超える山々を縦走することが可能で、さまざまなルートがあるのが特徴です。

実はコミックス7巻の79話では、瀧さんがお友達と燕岳に登っています。

瀧さんはこの時テント泊をしていましたが、山小屋やテン場(テントを張ってよいエリア)も充実していることから、積雪がない初夏から秋までの週末や連休は多くの登山者で賑わいます。

登山者は日帰りのほか、縦走する人が多く、その場合は山小屋を渡り歩くスタイルか、経験と体力のある人が「衣食住」(テント泊の装備)を背負って山を歩くテン泊スタイルかのいずれかになります。

今回は縦走せず、前泊して日帰りのコースをチョイス。なぜかというと、中房温泉からの燕岳は、表銀座と呼ばれる北アルプスを代表する縦走ルートのスタートなんです。いつか表銀座のルートを踏破するならここでいったん練習しておいてもいいかな、という目的です。

まずは北アルプスの玄関口のひとつ、燕岳を登って、往路と同じルートを戻る「ピストン」で、お試し北アルプスハイクを楽しみたいと思います!

燕岳へのアクセスは電車・車ともに充実

 燕岳のスタート地点、前泊した中房温泉は、源泉掛け流しの秘湯で、人が少ない日曜や平日などは静かに入浴できること間違いなし。そんな中房温泉は、JR大糸線の穂高駅から車で約1時間。マイカーでもアクセスできますが、山道はちょっと運転がハードかも。舗装はされているのですが、例えばマイカーが大きめだったり、細い山の道路の運転に自信がない人は、バス、または地元タクシーを利用するのも手です。ただそれなりに距離があって運賃も安くはないので、複数人での割り勘がオススメ。中房温泉での宿泊は要予約です。詳しくは記事の下にリンクを貼っておきますね。

また、JR穂高駅からは中房温泉行きのバスも出ていますので、ダイヤを調べておくとよいでしょう。中房温泉までの最終便は14:50(2019年版)と少し早め。

中房温泉からスタート

前夜はしっかり睡眠をとりましょう。今回は前泊して余裕があるので、5:30と早めに出発することにしました。

日曜の朝の5:30でも多くの登山者で賑わう

まずは登山口で準備運動し、霧雨が降っていたのでレインウェアを着用しました。

しばらくは森の中を歩きます。登山道が狭いので、後ろから来るペースの速い人に道を譲っていきます。やっぱり若い男の人はスピードが違うな〜!!

と思ったら、前方に大荷物を背負った老夫婦のハイカーが。

おそらく還暦は超えてるはず。あの年代でテン泊とは。すごいなあ!!

さすがに荷物が重そうで、ご夫婦はゆっくりだったので道を譲ってくださいました。私も数十年後、同じような山行ができているかなぁ……などと考えつつ、一歩一歩進みます。

夏場はスイカが有名な合戦小屋

登り始めて3時間ほどすぎると、案内板と休憩用のベンチがセットで現れてきます。

富士見の案内板。距離的には半分を切った!

さらに登山道を進み、やがて見えてくるのが合戦小屋。

ここは宿泊はできませんが、ベンチやテーブルがあって、休憩しやすいですよ。

合戦小屋は夏場はスイカ、冬場はお汁粉が名物。この山行は9月だったので、もちろんスイカをいただきました!

出てきたとき写真を撮り忘れて、何口か食べてからシャッターを切ることに

おいしい! スイカの果汁がじゅわ~っと胃に染み渡る……。

合戦小屋で休憩をとった後、再び山頂へ。

樹林帯の中の足元は基本的に土と木の根ですが、ざらついた岩が増えてきます。

すべりにくい岩質

これまで鬱蒼とした林の中を歩いてきましたが、少しずつ風景が変わっていきます。

視界が開けたところで振り返れば、この雲海!

合戦小屋からゆっくりペースで登り、20分経った頃

霧雨が止み、景観の良い場所に見える雲海には青空も! 天候チェックで予報通りでしたが、こんな光景を目の当たりにすると、やる気がでてきます。山頂目指して頑張るぞ~。

さらに進むと、数分後には燕山荘(えんざんそう)が見える広々とした休憩ポイントへ到着します。

看板に「雷鳥は 山をきれいにと 鳴いている」とある
ものすごく小さいが、遠くに燕山荘が見える

ここで荷物を降ろしてちょっと休憩。すっかりお腹もペコペコです。

お昼が楽しみすぎる!!

燕山荘から山頂へ

健脚ならあっという間ですが、ゆーっくり歩いても、1時間もすれば燕山荘前に到着します。

急な斜面を登りきるとそこは……

ひろびろ〜〜右に見えるお山が燕岳!
憧れの槍ヶ岳も見える〜〜

おーっ、まるで砂浜!!

足元がまるで白い砂に覆われたビーチのようで、天気もよくなり、本当に清々しい!!

薄暗い霧雨のなか、頑張って歩いた甲斐があったー。

北アルプスの山々が見渡せます。

ここはまだ山頂ではありませんが、とりあえず燕山荘前に到着!

この時点で10時です。まだランチには早い……かな。

荷物をデポ(置いておく)して、山頂を目指します。

燕山荘さんにあるザック置き場。貴重品は携帯すること

カメラや大事なものはアタックザックに入れて携帯します。

重い荷物は置かせていただき、いざ山頂へ!

山頂まではプチ稜線歩きが楽しめる

稜線には自然でできたメガネの形をしたメガネ岩、燕岳名物のイルカ岩などが見られます。山頂への往路よりも復路のほうが気付けるはず!

自然が造った彫刻(!)、メガネ岩
イルカ岩。お約束のもぐもぐタイム風に
ついに燕岳山頂に到達

登頂!! 気持ちいい~。燕山荘までの道のりも景色がすばらしく、何よりザックをデポしているので荷物が軽くてお散歩気分。ですが、風が強くなってきたので早々に燕山荘へ。

今回は宿泊しないので、ご飯をいただいて下山します。

北アルプスの山小屋ランチは下界にも引けを取らないおいしさ

さてさて、最大650名という収容人数を誇る燕山荘。

飲食のサービスもさすがなハイクオリティ。

メニューはその年、その季節によって変わるそうなのですが、この時期はチキンカレーがおいしそう。よし、これにしよう。

スパイスがきちんと効いている本格インドカレー

あたりだったー!

おいしすぎ!

さすが人気の高い北アルプスの山小屋。恐るべし!

ぺろっと平らげても時間を見るとまだ正午。

燕山荘前の景色を楽しみ、午後早めに下山しました。

同じルートを戻るはちょっと残念なのですが、いつか長めの有給をとって縦走することにして、今回はあくまでも偵察(!?)でした。

それでも北アルプスの広大さがひしひしと実感できて大満足です。

 皆さんも一度は絶景の北アルプスへ。

やみつきになっちゃうかも…!?(私はもうなってます)

北アルプスは雪がない春〜秋に楽しめます。晩秋にはもう雪が降るので、次に雪解けする初夏の北アルプスを目標に、冬は低山を楽しみ、山歩きのスキルを身につけるのもいいですよ!

また、中房温泉から燕岳へは登山者も多く、道迷いすることは少ないですが、いつでも山歩きの際は装備をしっかりし、事前の登山計画と登山届け、そして地図の携帯は必携ですよ〜! スキルが伴うまではなるべくソロは避けましょうね。

(文・構成 井上綾乃)

「日々野鮎美の山歩き日誌」の読者のみなさんへ

今回の記事は、連載終了後に登山ガイドブックとして再編集する前提で、夏に取材したものです。現在の実際の季節(11月)は、積雪が始まる季節であり、夏とは全く別の知識・装備・体力が求められます。また、初心者の方がいきなり登る山としてもお勧めできません。
安全に楽しく山歩きをするため、以上の点を、どうぞご注意ください。

 

関連サイト

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

9

20

(Fri)

今週のメルマガ

初公開! 天童荒太さんの創作の舞台裏(No.785)

  2018.9.20配信 HTMLメールを表示出来ない方は こちら 9月20日更新第2回 徴兵令に […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

日々野鮎美

ひびの・あゆみ 27歳、会社員。漫画『山と食欲と私』の主人公。「山ガール」と呼ばれたくない自称「単独登山女子」。美味しい食材をリュックにつめて、今日も一人山を登ります(たまには友人や同僚と登ることもあるよ)。

イラスト・監修 信濃川日出雄

しなのがわ・ひでお 新潟県出身。北海道在住。2007年のデビュー以来、ジャンルを問わず多岐にわたって執筆し、『山と食欲と私』が累計100万部を突破、大人気シリーズとなる。現在もくらげバンチで同作を連載中。

連載一覧


ランキング

イベント

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき