考える人

シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

「評論」一覧

世界史を変えた新素材
  • まなぶ
  • くらし
  • 評論

イノベーションを加速させる素材ーー磁石 ……

 子供の頃、公園の砂場で磁石を使って砂鉄を集めた記憶のある方は多いだろう。磁石は小学校の理科の教材として必ず触 […]

チャーリーさんのタコスの味――ある沖縄史
  • 思い出すこと
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • 評論

基地の街コザ

(前回までのあらすじ)「チャーリー」こと勝田直志さんは、コザの有名なタコス専門店の創業者。沖縄戦の生き残りでも […]

世界史を変えた新素材
  • まなぶ
  • 評論

人々の欲望を刺激してきた色――赤色色素 ……

鮮やかな赤を求めて  弁柄は前回述べた通り、広く用いられたが、あくまで赤茶けた色合いでしかなかった。英語ならク […]

世界史を変えた新素材
  • まなぶ
  • 評論

人々の欲望を刺激してきた色――赤色色素 ……

希少だった色材  これまでに取り上げてきた、歴史を動かす原動力となった材料は、大きく2つに分けることができる。 […]

チャーリーさんのタコスの味――ある沖縄史
  • 世の中のうごき
  • こころ
  • 思い出すこと
  • 評論

再び沖縄へ

(前回までのあらすじ)「チャーリー」こと勝田直志さんは、コザの有名なタコス専門店の創業者。沖縄戦の生き残りでも […]

随筆 小林秀雄
  • ことば
  • 思い出すこと
  • エッセイ

七 あたりまえのこと

 小林秀雄は、私たちが忘れてしまっている、というより、私たちにはいつのまにか見えなくなってしまっている「あたり […]

チャーリーさんのタコスの味――ある沖縄史
  • 思い出すこと
  • 世の中のうごき
  • 評論

アメリカの豊かさ、そして帰郷

(前回までのあらすじ)「チャーリー」こと勝田直志さんは、コザの有名なタコス専門店の創業者。沖縄戦の生き残りでも […]

世界史を変えた新素材
  • まなぶ
  • 評論

動物が生み出した最高傑作――コラーゲン ……

武器としてのコラーゲン  コラーゲンは、皮膚を作るばかりではない。前述のように、骨もコラーゲンを主要成分として […]

世界史を変えた新素材
  • まなぶ
  • 自然
  • 評論

動物が生み出した最高傑作――コラーゲン ……

ヒトはなぜ旅をするのか  筆者の趣味はドライブで、若い頃には北は稚内から南は鹿児島まで、自分の車で走り回ったも […]

長崎ふかよみ巡礼
  • 思い出すこと
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • 評論

その13(最終回) 異国情緒の先へ

 原爆で焼け野が原となった浦上周辺は、「70年は草木も生えぬ」とささやかれていたが、戦後10年を迎えるころには […]

チャーリーさんのタコスの味――ある沖縄史
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • 思い出すこと
  • 評論

捕虜収容所での出会い

(前回までのあらすじ)「チャーリー」こと勝田直志さんは、コザの有名なタコス専門店の創業者。沖縄戦の生き残りでも […]

長崎ふかよみ巡礼
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • 思い出すこと
  • 評論

その12 なお止まぬ悲しみ

 幕末から明治にかけての開国と近代化により、貿易を主としてきた長崎の産業は、造船、石炭生産などの工業へ移った。 […]

世界史を変えた新素材
  • くらし
  • まなぶ
  • 評論

帝国を紡ぎ出した材料――絹 後編

絹の道  前回述べた通り絹は、手触り、光沢、保温性、吸湿性、染色性などに優れる。この素晴らしい繊維が、古代の人 […]

世界史を変えた新素材
  • まなぶ
  • くらし
  • 評論

帝国を紡ぎ出した材料――絹 前編

「おかいこさま」  小学校の社会科の時間に、地図記号を暗記した記憶がある。その時、筆者が子供ながらに疑問に思っ […]

長崎ふかよみ巡礼
  • 思い出すこと
  • こころ
  • 世の中のうごき
  • 評論

その11 近代化と原爆

 幕府の直轄地であり、鎖国時代の貿易港として栄えた長崎にとって、開国と倒幕、明治維新は、大きな転換点だった。「 […]

チャーリーさんのタコスの味――ある沖縄史
  • 思い出すこと
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • 評論

終戦と投降

(前回までのあらすじ)「チャーリー」こと勝田直志さんは、コザの有名なタコス専門店の創業者。沖縄戦の生き残りでも […]

長崎ふかよみ巡礼
  • こころ
  • 世の中のうごき
  • 評論

その10 ふたつの土地と、自由への旅

 これまで、長崎の町のはじまりから、キリシタンの時代、禁教、鎖国、開国までをたどってきた。しかし前回の「信徒発 […]

随筆 小林秀雄
  • ことば
  • 思い出すこと
  • エッセイ

三 批評家・小林秀雄

 小林秀雄は、批評家である。明治三十五年(一九〇二)四月十一日、東京・神田に生れ、昭和四年(一九二九)九月、二 […]

長崎ふかよみ巡礼
  • こころ
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • 評論

その9 90,000日の奇跡

 鎖国時代は、数少ない海外への窓口として栄えた長崎だったが、1854年のペリー来航による開国と、横浜や神戸など […]

チャーリーさんのタコスの味――ある沖縄史
  • 思い出すこと
  • くらし
  • 世の中のうごき
  • 評論

南部をさまよう

(前回までのあらすじ)「チャーリー」こと勝田直志さんは、コザの有名なタコス専門店の創業者。沖縄戦の生き残りでも […]

世界史を変えた新素材
  • まなぶ
  • くらし
  • 評論

多彩な顔を持つ千両役者――炭酸カルシウム……

海の生物たち  炭酸カルシウムは、二酸化炭素と海水中のカルシウムからできると先に述べた。多くの海洋生物もまた、 […]

世界史を変えた新素材
  • まなぶ
  • くらし
  • 評論

多彩な顔を持つ千両役者――炭酸カルシウム……

変幻自在の千両役者  前回、鉄こそが材料の王者であると述べた。これに対し、材料の世界の千両役者と呼びたい存在が […]

長崎ふかよみ巡礼
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • まなぶ
  • 評論

その8 すべては海からやってくる

 殉教、棄教、潜伏。  道は違えども、長崎のキリシタンのだれもが禁教を経て、それぞれの生き方を選んだ。棄教した […]

長崎ふかよみ巡礼
  • 世の中のうごき
  • くらし
  • こころ
  • 評論

その7  足裏のマリア

 ひところは「小ローマ」とも呼ばれた長崎。  1614年の全国的な禁教令の後も、信仰を続ける者が多かったが、1 […]

MAIL MAGAZINE

7

12

(Thu)

今週のメルマガ

岡田利規作・演出の『NO THEATER』を観た! 惚れた! (No.776)

7月12日更新 Vol.10 学びの円環 ドミニク・チェン 7月10日更新 夢見るサルレーダー 松原始 7月9 […]

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

“Plain living, high thinking”(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹