シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。
知の楽しみにあふれたWebマガジン。
 
 

まだまにあう!2019年総まとめ

2019年12月23日 まだまにあう!2019年総まとめ

【2019年総合ランキング】81〜100位

著者: 考える人編集部


ソマリ人のきもち
酒はないがカートはある

高野秀行


にがにが日記―人生はにがいのだ。
第7回 2018年8月5日〜8月24日

岸政彦


「反東大」の思想史
第1回 「東大的なもの」との戦い

尾原宏之


南伸坊×養老孟司「虫展」ツアー!
南伸坊&養老孟司の「虫展」ツアー!(前編)

養老孟司


山と食欲と私 日々野鮎美の山歩き日誌
都心から1時間で到着する鎌倉で堪能するのはドーンとそびえる風呂吹き大根

日々野鮎美
イラスト・監修 信濃川日出雄


考える猫のその日暮らし
覚醒草

大高郁子


安田菜津紀の写真日記
昨日見た夢、「強者」のふるまい

安田菜津紀


デモクラシーと芸術
第1回 芸術からレジームを読む

猪木武徳


村井さんちの生活
突然の入院騒ぎ その3

村井理子


リアルRPG 草原の国キルギスで勇者になった男の冒険
ラストダンジョン「雪山」を越えろ!

春間豪太郎


村井さんちの生活
突然の入院騒ぎ その2

村井理子


リアルRPG 草原の国キルギスで勇者になった男の冒険
衝撃的文化「誘拐婚(アラカチュー)」に出くわす!

春間豪太郎


随筆 小林秀雄
五十九 日本の風景

池田雅延


来日記念対談:ジョゼ・ルイス・ペイショット×中島京子「土地の記憶、犬たちの瞳」
前篇 知らないのに、なつかしい場所

ジョゼ・ルイス・ペイショット
中島京子


カラスの悪だくみ
最終回 そして、カラスの悪だくみ

松原始


小さい午餐
別府冷麺

小山田浩子


村井さんちの生活
突然の入院騒ぎ その2―Unleashing the beast―

村井理子


ブレイディみかこ×金原瑞人 「他人の靴」で常識を飛び越えろ!
第1回 度肝を抜かれた中学校のクリスマス・コンサート

ブレイディみかこ
金原瑞人


御つくりおき――京都のひととモノとのつきあいかた――
最終回 比良の「中川木工芸」さんに暮らしの句点みたいな蓋を誂えていただく

入江敦彦


雑貨の終わり
ふたりの村上

三品輝起

この記事をシェアする

MAIL MAGAZINE

「考える人」から生まれた本

もっとみる

テーマ

  • くらし
  • たべる
  • ことば
  • 自然
  • まなぶ
  • 仕事
  • 思い出すこと
  • からだ
  • こころ
  • 世の中のうごき

考える人とはとは

何かについて考え、それが「わかる」とはどういうことでしょうか。

「わかる」のが当然だった時代は終わり、平成も終わり、現在は「わからない」が当然な時代です。わからないことを前提として、自分なりの考え方を模索するしかありません。

わかるとは、いわば自分の外側にあるものを、自分の尺度に照らして新しく再構成していくこと。

"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)*を編集理念に、Webメディア「考える人」は、わかりたい読者に向けて、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

*産業革命後に急速な都市化が進むロンドンで、イギリスの詩人ワーズワースが書き遺した言葉。

 

 

「考える人」編集長
松村 正樹

著者プロフィール

考える人編集部
考える人編集部

2002年7月創刊。“シンプルな暮らし、自分の頭で考える力”をモットーに、知の楽しみにあふれたコンテンツをお届けします。

  • 津野海太郎「最後の読書」読売文学賞受賞


ランキング


  • ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら